ライフステージ別リフォームストーリー

デザインにも使い勝手にもこだわって、同居のためのリフォームを

BEFORE

AFTER

壁を取り払って広々リビングに

洋室との壁を撤去して広いリビングに。既存の吹き抜けとのバランスもばっちり。

洋室をとり込んだ広い洗面室

隣の部屋の一部をとり込み、広い洗面&ユーティリティースペースを確保。

寝室に大型の収納を新設

収納がなかった寝室には大容量のクロゼットを新設。

同居をきっかけに2階をリフォーム

70歳を迎えたお母様がひとりで暮らしていた家に同居することとなったB様ご家族。玄関のみを共有する、分離タイプの二世帯住宅です。しかし、もともとの2階のイメージは気に入らず、自分たちのライフスタイルと好みにあった空間にしたいということで、2階部分だけをリフォームすることに。部屋数を減らし、広いリビングダイニングや洗面室を設けながら、デザインにこだわる奥様にもご満足いただけるインテリア空間を目指しました。

洋室をとり込んで、広々とした家族のだんらんスペースに

家族が集まるリビングダイニングは、壁を取り払って隣の洋室をとり込み、既存の吹き抜けを活かしながら広く開放的な空間に。「使い込んだアンティーク家具がなじむ空間」という奥様のご希望に合わせて、特徴ある床材やアイアン製の扉、スペイン風の石組みをイメージした人造石の壁などでインテリアを彩りました。味わいがでるよう、壁の塗り方にもこだわっています。

トイレと一体にした広い洗面室

洗面室は、書斎だった部屋の一部をとり込んで広々と。浴室の窓からの光が、ガラス戸を通してたっぷりと届く気持ちのいい空間です。トイレは壁で仕切らず、腰壁で目隠しをしながら洗面室と一体化。かわいらしいクロスやタイル使いで、まるでホテルのようなバスルーム&サニタリーとなりました。

床はヒヤリとしないサーモタイルを採用しています。

所在地 愛知県
構造 鉄骨
リフォーム面積 112.6 m²
延床面積 219.5 m²
築年数 7年
改装範囲 部分改装
リフォーム費用 1420万円
家族構成
70代
40代
40代
長男16歳
長女14歳
ペット犬1匹、猫1匹
リフォームの流れ

2011年5月〜6月

  • モデルルームへご来場
  • ご要望をヒアリング
  • 現地調査
  • プラン・お見積りのご提案

2011年6月

  • ご契約

2011年7月〜9月

  • 実施設計

2011年9月

  • 工事着工

2011年11月

  • 竣工検査
  • 2011年12月

  • お引き渡し

施主とスタッフの声

施主 B様

理想の住まいになりました。苦手だったお掃除も、住まいに愛着があるので楽しくできます。環境でこれほど人間が変わるなんて驚きですね。石貼りのリビングはとても落ち着くので、自然とみんなが集まってきて、家族の話題も増えました。

【プロジェクトマネジャー】中尾南美

プロジェクトマネジャー

中尾南美

奥様のイメージを具体的に、かつプラスアルファの空間とできるよう、柱を囲う木材をサンダーで古材風に加工したり、壁の塗り方を工夫したりと、細かな部分にまでこだわって仕上げました。

【コンストラクションエンジニア】梶原冬樹

コンストラクションエンジニア

梶原冬樹

全館空調システムの鉄骨造だったため、間取り変更にあたっては、新築時の図面などを見ながら配管位置を入念にチェックして、工事を進めました。

二世帯で暮らす│リフォームポイント

子どもの成長にあわせた部屋づくり

ひとつの住まいにずっと仲良く暮らし続けていくために
親世帯、子世帯、それぞれの生活を尊重しながら
将来までも見据えたプランニングが不可欠です。

完全分離型から共有スタイルまで形はさまざま

二世帯住宅にはさまざまなスタイルがあります。玄関から各設備まですべてを別々に用意する完全分離型から、リビングなどの一部のみを共有空間とするスタイル、個室以外はすべてを共有とする完全同居タイプまで。ご家族のライフスタイルや建物の広さなどを考慮して、最適なプランを選ぶ必要があります。

親世帯の高齢化に対応できるプランに

二世帯同居をされる大きなきっかけのひとつが、親世帯の高齢化。今はまだお元気なご両親であっても、いずれ介護が必要となることも見据えて、使いやすい生活動線の確保やバリアフリー化を行っておくのが賢明です。

子世帯の変化も考慮すべきポイント

子世帯スペースのプランニングの際も、小さなお子様の成長や、これから家族が増える可能性など、将来を考慮しておくことが重要。あとから部屋を区切って子ども部屋を追加できるプランも可能です。