三井デザインテック

新築当時のこだわりを継承するリフォームでペットたちにも快適な二世帯住宅が完成

ネイビーのカウンターにシルバーの天板がスタイリッシュなキッチン
様々な方向から見たキッチン
玄関と玄関ホールは共にグレーのタイルを使用することで一連になっている
窓側の壁はレンガ風のアクセントクロスが特徴
窓辺には奥様の集めた小物が飾られている
水色一色の壁紙は、海外の子供部屋を彷彿とさせる
寝室の壁はブラックのアクセントクロス
トイレの壁はカラフルな縦縞模様でかわいらしい印象に
洗面室はスカイブルーの壁とダークブラウンのカウンターのコントラストが特徴。
浴室はブラックでモダンな印象に。
ネイビーのお部屋にインテリアの木目が映える広々としたLDK
カウンターから見たキッチン
ネイビーのカウンターにシルバーの天板がスタイリッシュなキッチン
様々な方向から見たキッチン
玄関と玄関ホールは共にグレーのタイルを使用することで一連になっている
窓側の壁はレンガ風のアクセントクロスが特徴
窓辺には奥様の集めた小物が飾られている
水色一色の壁紙は、海外の子供部屋を彷彿とさせる
寝室の壁はブラックのアクセントクロス
トイレの壁はカラフルな縦縞模様でかわいらしい印象に
洗面室はスカイブルーの壁とダークブラウンのカウンターのコントラストが特徴。
浴室はブラックでモダンな印象に。
ネイビーのお部屋にインテリアの木目が映える広々としたLDK
カウンターから見たキッチン

Data

家族構成
夫婦+子
構造
S造
築年数
30年
施工内容
フルスケルトン
2022.05.16公開

お客様のご要望・リフォームポイント

  • ニューアメリカンクラシック
  • ネイビーの落ち着いた空間
  • ヘリンボーンのフローリング
  • ペットと暮らす
  • 改装前のLDK
    ネイビーのお部屋にインテリアの木目が映える広々としたLDK
    ダイニング/キッチン

    住まい方に合わせたスケルトンリフォームを実施

    祖父母から受け継いだ二世帯住宅。現在は2階にK様ご家族、1階に弟様ご家族が住んでいます。お父様の発案から、コの字型の形状や切妻屋根、グリーンのタイル外壁の個性的な佇まいはそのままに、K様、弟様、それぞれの住まい方に合わせて1階、2階をスケルトンリフォームすることにしました。とはいえ二世帯まとめてのリフォームは難しかったので、工期を2回に分け、まずはK様邸からスタート。コの字型の空間は残しつつ、以前は仕切られていたリビングとダイニング、キッチンを繋げてワンルームにしました。一体化させたことで残ってしまった柱は、ジョリパット仕上げにすることで、空間全体のアクセントに。キッチンにいても来客や家族とコミュニケーションできる広々とした空間へと生まれ変わりました。

  • 愛犬のシャンパンゴールドにも映える、濃紺のクロスと濃いブラウンの床をセレクトしたことで、奥様が望まれていた、ニューアメリカンクラシックなスタイルが実現した。

  • リビングのアール天井はリフォーム後もそのまま利用。リフォーム前は仕切られていた、リビング、ダイニング、キッチンを繋げてワンルームの広々とした空間に。

  • ネイビーのカウンターにシルバーの天板がスタイリッシュなキッチン

    ダイニングはもちろん、リビングやライトコートとも繋がったキッチンは明るくて広々とした空間に。子ども部屋や洗濯スペースなどにも隣接し、住まいのセンターとしての役割を果たしている。

     

    オープンスタイルのキッチンは、アイランドカウンターに合わせた下がり天井にダウンライトを埋め込んで、ワンルームの中でも視覚的に区画。その結果、キッチンからリビング・ダイニング全体を見渡せるステージのような効果が生まれた。

  • 様々な方向から見たキッチン

    キッチンセットは、家族それぞれが朝食を手早く済ませられるカウンター付き。お料理とパーティが大好きな奥様がずっと欲しかったパントリーには、冷凍庫も設置。またキッチンに脱衣・洗濯室を隣接させることで、家事の時短に繋がる生活動線を確保した。

  • 玄関と玄関ホールは共にグレーのタイルを使用することで一連になっている

    玄関はたたき部分を広げ、ホールも同じタイルで仕上げたことで、広々とした印象に。濃紺のクロスとのコントラストが美しい。左側の収納はそのまま利用し、右側に回遊型のシューズクロークを新たに設置した。階段室の隅切りはリフォーム前のもの。新築当時のこだわりがうかがえる。

  • 窓側の壁はレンガ風のアクセントクロスが特徴
    窓辺には奥様の集めた小物が飾られている

  • 水色一色の壁紙は、海外の子供部屋を彷彿とさせる

    子ども部屋の内装は、娘さん、息子さん、それぞれが決めた。海が好きな息子さんは「ビーチハウス」をテーマに、レンガ風のアクセントクロスとウッディなクロスをチョイス。窓辺の小物は、ご家族でオーストラリアに住んでいたころ、奥様が集められたものだそう。

  • 寝室の壁はブラックのアクセントクロス

    寝室にはウォークインクローゼットも新設し、収納を充実させた。シックなクロスをセレクトしたことで、まるでホテルのような大人の上質空間に。

  • トイレの壁はカラフルな縦縞模様でかわいらしい印象に
    洗面室はスカイブルーの壁とダークブラウンのカウンターのコントラストが特徴。

  • 浴室はブラックでモダンな印象に。

    リビング側についていたトイレのドアを奥に移し、廊下側から入る動線に。2年前にリフォームしたばかりの洗面所は、浴室に入る動線を変更し、以前入口だった面をふさいでブルーのアクセントウォールを加えた。

  • カウンターから見たキッチン

    大型のアイランドキッチンで暮らし方もオープンに

    もともと外壁向きに設置されていたキッチンは、ダイニング、リビングの両方が見える位置に移動して、オープンスタイルのアイランドキッチンに変更。意匠的にも機能的にも優れたセラミックトップのカウンターで、朝食や軽食が手軽に取れるようになりました。また、キッチン背面のパントリーだけでなく、ゴミを圧縮できるダストボックスや約60㎝幅の大容量食洗機をビルトインするなど、キッチン周りをスッキリさせるプランが満載!生活動線も改善されたことで、ストレスフリーな暮らしが実現しているそうです。

  • 動物たちと暮らす、ニューアメリカンクラシック

    ワイマラナーの子犬と、新居祝いにプレゼントされ家族に迎え入れたミーアキャットと一緒に暮らす動物好きなK様ご家族。そこで、動物それぞれの居場所やトイレの場所なども考慮したプランを設計しました。また、内装やインテリアのコンセプトは、K様ご夫婦の希望する「ニューアメリカンクラシック」。ご主人様が仕事で滞在するニューヨークのホテルから着想を得たそうです。クラシックな建物をリノベーションしたそのホテルは、シンプルかつシックで上質なイメージ。濃紺と濃い茶色に建具の白が印象的なK様邸は、ワイマラナーのシャンパンゴールドの毛並みにも映えるそうです。

間取り図

BEFORE | 間取り図
AFTER | 間取り図

お施主様

大手リフォーム会社5社に見積を依頼した中で、三井さんはとにかく対応が早かった。ホームページにあった施工例のデザインもよかったし、営業の方も信頼できると感じて決めました。今は家族それぞれが寝る場所と収納を確保しつつ、普段はリビングとダイニングが繋がった広い共有空間で、思い思いに過ごしています。もともと父が建てたこの家のグリーンの外壁やコの字型の形状が気に入っているので、さらに子どもの世代まで住み継げたらいいなと思っています。

  • 企画・営業担当林 孝幸

    既存の形状に斜めの壁が多く、床材の貼り方など、様々な収まりに苦心しましたが、K様のご要望が明確で、提案に対するご決断が早かったので、スムーズに仕事を進めることができました。また、私が悩んでいると「そんなに悩まなくていいよ!」と励ましてくださるなど、いつも優しく対応してくださったので、楽しくお仕事をさせていただきました。ありがとうございました!

2022.05.16公開

相談
無料

世界でたったひとつの空間を作り上げることで、
ワンランク上の暮らしを実現いたします。

お電話でのお問合せ

お気軽にご相談ください
0120-73-3131

その他のリノベーション実例