ライフステージ別リフォームストーリー

住まいのリフォームコンクール「国土交通大臣賞」受賞!
二人暮らしを考えた「減築」

BEFORE

AFTER

家族で暮らした2階建てを思い切って減築

広すぎる住まいは維持費がかかる上、毎日の掃除も大変。夫婦二人に必要な広さを残して住みやすさを向上。

ちょうどいい距離感を大切にした設計

独立していた既存和室は畳コーナーとしてLDKに取り込み、対面式にしたキッチンに立つ奥様と会話もできる。

主寝室の収納力を大幅にアップ

ハンガーパイプ付きの納戸に加え、二連のクロゼットも配置。すっきりとした空間が保てるようになった。

スケルトンリフォームで耐震性もアップ

築44年を迎えたH様邸。老朽化とお子様たちの独立により、リフォームを検討されていました。打ち合せで「2階への上り下りは面倒なので、1階スペースだけで充分」というご要望があったため、思い切って 2階建てを平屋にする「減築」プランをご提案。施工にあたっては、いったん建物を骨組みだけにするスケルトンリフォームを実施。耐震性も見直し、傷んだ土台や柱の交換、外壁の構造用合板・構造用金物の追加などの工事も併せて行いました。

スケルトンリフォームなら、間取りの変更も自由自在。新築感覚でプランニングが楽しめるのです。

マンション感覚で暮らせる1LDK+畳コーナー

今回のリフォームで、H様のお住まいは1LDK+畳コーナーに。既存の和室は、間仕切り壁をなくすことで、畳コーナーへと生まれ変わりました。ゴロゴロしたまま対面式キッチンまで見通せるため、お料理中の奥様とおしゃべりを楽しんだり、テレビを見たりとくつろぎのひとときを思うままに楽しめます。また、キッチンの正面には大きな掃き出し窓が。家事をしながら緑に目を遊ばせることができる上、明るい陽光と風がリビングに爽やかな空気を運んでくれます。

気密性アップ+バリアフリー化で安心快適

今後の暮らしを見据え、畳コーナー以外の床はフルフラット化。つまずきの危険をあらかじめ予防しています。ちなみに、畳コーナーの高さは約38cm。上り下りの負担を感じにくく、ベンチとして腰掛けても快適な高さを計算しています。また、古い家特有の寒さを解消するため、床・壁・天井に断熱材を施工。サッシはすべて複層ガラスに交換しました。快適な空気が逃げにくいだけでなく、結露も防いでくれるので、日常のお掃除もラクラク。対面式キッチンで火を使ってお料理しても、湿気がこもりにくいのもうれしいポイントです。

所在地 神奈川県
構造 在来木造
リフォーム面積 64.6 m²
延床面積 64.6 m²
築年数 45年
改装範囲 全面改装
リフォーム費用 1541万円
家族構成
50代
50代
ペット犬1匹
リフォームの流れ

2004年12月

  • ご要望をヒアリング

2005年1月

  • 現地調査

2005年1月〜2月

  • プラン・お見積りのご提案
  • ご契約

2005年2月〜3月

  • 実施設計

2005年3月

  • 工事着工

2005年7月

  • 竣工検査
  • お引き渡し

施主とスタッフの声

施主 H様

減築したからといって狭さや不便さは全くなく、むしろ目と手が届く範囲で暮らすことの快適さを実感しています。とりわけ気に入っているのは一坪サイズの浴室。今まで窮屈な姿勢で入っていたのが、脚を伸ばしてリラックスできるようになりました。

【プロジェクトマネジャー】池野昭宏

プロジェクトマネジャー

池野昭宏

H様のお住まいは、埋蔵文化財包蔵地であったため建て替えが難しいケースでした。お客様から減築のご要望をいただき、結果として国土交通大臣賞を受賞することができ、とても思い出深い仕事になりました。

【リフォームプランナー®】一級建築士 相澤美奈子

リフォームプランナー®

一級建築士 相澤美奈子

コンパクトになった分、バリアフリー化&耐震性アップ・断熱性アップで安心快適な住まいになったと思います。1フロアなくなり、床面積も限られたものになりましたが、床下収納など収納を充実させることで、暮らしやすさを高めています。

【コンストラクションエンジニア】原田一夫

コンストラクションエンジニア

原田一夫

2階建てを平屋にすることで建物の総重量が減り、耐震性があがります。必要な空間を残しながら、地震への備えを高めることができ、安心して暮らしていただける住まいになったと思っております。

50代からの家づくり│リフォームポイント

セカンドライフを楽しみながらこれからも安心して暮らせる住まいに

子どもの独立や定年退職は、生活スタイルが大きく変わる節目のとき。
第2の人生を楽しむために、そして終の棲家となることも考えた安心のリフォームがキーワードです。

セカンドライフを楽しみながらこれからも安心して暮らせる住まいに

夫婦二人のセカンドライフに合わせた間取り変更

子どもが独立したご家庭では、余ったスペースを有効活用できるよう、二人暮らしに合わせた間取りの変更がおすすめ。使わない部屋をなくして広いリビングダイニングを確保すれば、家族や友人が集える住まいになります。

夫婦に最適な距離感と、趣味を謳歌できるスペースを

夫婦二人だけの暮らしを楽しんでいくためには、お互いを尊重できる住まいにすることが大切。生活スタイルが異なるご夫婦には、夫婦別寝スタイルもおすすめします。また、ご主人専用の書斎や、奥様が料理を楽しめるオープンキッチンなど、それぞれの趣味を謳歌できる空間づくりが、充実したセカンドライフを支えます。

将来のため、バリアフリー化なども考慮に

50代からの家づくりは、人生の充実期を楽しく快適に過ごすことを意識することがポイント。そのために、住まいの耐久性を考慮することはもちろん、将来の自分たちの為に、より安心で暮らしやすい空間づくりをしておく配慮も欠かせません。