患者さんが医院を選ぶ時代を迎えて適切な時期に的確なリフォームを医療機器の導入計画、院内動線やデザインなどを総合的にご提案します。

医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」で理想の医院を実現された事例をご紹介します。

三井のリフォームがご提案するのは、医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」。
内外装や設備のリフォームは、競合医院との差別化や集患力向上などを考慮して、単なる修繕・補修に終わらず、地域性や患者さんのニーズを的確にとらえたご提案を行います。また、医療機器・設備の導入計画や院内動線などについては、医院の状況やドクターの診療方針などをじっくりうかがい、コンサルティングしながら、法令遵守を基本に、将来も視野に入れた適切なご提案を実践しています。
ここには、よりよい診療環境を求めて、あるいは医院承継、診療科目の追加・変更、新規開業などを契機にリフォームをお考えのドクターのために、24の「メディカルリフォーム」成功例をご紹介しています。

  • 福田医院
  • 今井内科クリニック
  • O内科クリニック
  • 伊藤内科
  • 中村医院
  • ひまわりファミリークリニック
  • 中沢内科
  • すずか小児科・皮ふ科クリニック
  • みながわ内科クリニック
  • 山内クリニック
  • 江戸川橋鈴木クリニック
  • 中山クリニック
  • こだま診療所
  • 若葉クリニック
  • かとう整形外科クリニック
  • 矢倉整形外科クリニック
  • ほり整形外科クリニック
  • 満尾医院
  • 佐藤眼科医院
  • 深沢皮フ科
  • 中村皮ふ科医院
  • キネマARTクリニック
  • 曙橋レディースクリニック
  • はなおかレディースクリニック
  • みやぎしレディースクリニック
  • おおすみ医院
  • 髙田クリニック
  • 銀座すみれの花 形成クリニック

CASE02

曙橋レディースクリニック 東京都新宿区 2009年5月竣工

  • 婦人科

親しみやすくやさしい雰囲気の中に機能性を秘めたレディースクリニック

Story

日本と韓国で医師免許を取得後、都内で勤務医として活躍されていた金先生。婦人科、内科の医院を開業するにあたり、交通の便のよい場所でビル内診療所をと物件探しに奔走。地下鉄の駅から徒歩1分で、新宿からのアクセスや利便性もよいことから、この物件を選択されました。
医院はオフィスビルの2階。ワンフロアに1テナントが入る形なので、エレベーターを降りるとそこが医院のエントランスホールとなります。そこで、狭さを感じさせないように、出入り口は全面ガラスで構成しました。
待合室は、ビル前面の大きな窓が明るさを運ぶさわやかな空間。オレンジ色のソファ、ウッディな受付カウンター、曲線を描く壁など、インテリアは女性中心の患者さんを意識してコーディネートされています。受付、診察室、内診室を中央に配し、患者さんとスタッフの動線を左右に振り分けたプランは、使い勝手も上々。リカバリールーム兼多目的室はバルコニーに面してオープンに配されていますが、カーテンを閉じれば個室にもなります。
内部は事務所仕様だったので、設備面では工夫が必要でした。ひとつは給排水用の配管。PS(パイプスペース)が1カ所しかなかったため流しなどの水回りをスタッフ用動線側の壁面に集約し、壁をふかしてその中に新たに給排水管を通し、床上げによる床段差を最小限にとどめています。また、既存の空調設備が古く、全体に冷暖房を行き渡らせるには各室の壁の上部を開けなければなりませんでしたが、それではプライバシー確保が難しく、新たに空調設備が整 えられました。
限られたスペースを最大限に活用して必要な空間をすべて実現し、設備も一新。「コンセプトどおり、女性に好感をもってもらえる医院となりました。インテリアはもちろん、機能面でも満足しています」と先生は語ってくださいました。

Data

構造 SRC造
工期 約30日間
リフォーム面積 106.00㎡

拡大して見る

Comment

後藤 源一郎

最良の医療の場実現のため、全員で全力投球

後藤 源一郎 先生は、待合室には患者さんが落ち着いてゆったり過ごせる雰囲気を、診療空間には多少の緊張感と速やかに診療が行える機能性を望まれました。その根底には、最良の医療を提供したいという熱い想いが感じられ、全権を託された我々も責任を痛感。ベストな提案を心がけました。

医院設計コンサルタント 内藤 稔

ポイントは、設備の改善と機能と美の両立

医院設計コンサルタント 内藤 稔 もともとオフィスとして使われていた空間を医院に改装するため、まずは設備面を入念にチェックして対応を考えました。各空間は必要な広さを確保するにとどまらず、機能と美しさの両立を図ることで、コンパクトながら診療する側・される側双方が満足できる医院づくりを目指しました。

ページトップヘ ひとつ前のページへ