1. 総合トップ
  2. お近くの三井のリフォーム
  3. 関西エリアサイト
  4. リフォーム手帖
  5. 秋を愉しむ、寛ぎの我が家。

リフォーム手帖

秋を愉しむ、寛ぎの我が家。vol.4-2

マンション もてなしの家 芦屋市 夫婦二人の囁きも、迎える賓客との談笑も、静かに包む清廉な住まい。

大理石マジョルカコルスタを敷き詰めた玄関ホールの上部には、緩やかなRを描く間接照明が施され、そこから落ちる優しい曲線光が、訪れる来賓をもてなしのリビングへと迎え入れます。昭和20年から続く家業を経営されるお施主さま。会社からほど近い立地に賃貸マンションを所有されていたお施主さまご夫妻は、長年使用していなかった、同マンションの最上階165m²ワンフロアーを全面リノベーションし、自分たちの理想の住まいにする事にされました。お子様は皆独立されて、ご夫婦お二人の住まいとなりますが、お仕事柄、自宅への来客も多いため、自分たちだけではなく、迎えるゲストにもゆっくりと寛いで頂ける空間とする事がご要望の一つでした。 南向きの大開口に面した位置に30帖のLDKを配置し、光と風の通る気持ち良い大空間を造りました。秋の夜長、品のあるドレクセルの家具に囲まれたダイニングや、秋の風を感じるインナーテラスでゲストと一緒に過ごす会食の場は、ゆっくりとした時間が流れ、いっそう話しも弾みます。

間取図:Befora→After

  • 写真:目指したのは品格ある邸宅。来賓も寛げる、もてなしの家。
  • 写真:INNER TERRACE
  • 写真:HALL
  • 写真:JAPANESE ROOM & HALL
  • 写真:HALLWAY
  • 写真:SANITARY

お好みのクラシックスタイルのインテリアに合わせ、キッチンはバックセットと共にCUCINAを採用。 1.5坪サイズの広々としたオーダーユニットバスの素材感にもこだわり、全面タイル貼りにすることにより、エレガントな空間を演出しました。

  • 写真:BATH ROOM
  • 写真:KITCHEN
リフォームプランナー笑顔のポイント
高田静穂 リフォームプランナー

ご来客が気持ちよく寛げる空間と、プライベートスペースのゾーンニングに十分配慮した設計としました。あえて長い廊下を設ける事により来客時の裏動線を確保し、和室は玄関から独立した位置に配置しました。大人数が集えるLDKには最上階の高さを活かした折上天井を設け、集う人やシーンに合わせてライトコントロールできる照明計画としました。プランと多様な素材にこだわった新居は、お施主さまの想いの詰まった『もてなしの家』となりました。

リフォーム手帖 PDFで見る