海と暮らすオリエンタルな住まい

#マンション #夫婦 #11〜20年 #2人で暮らす

Data

構造
RC造
築年数
13年
家族構成
ご夫妻

バルコニーから明石大橋を望む、海岸沿いのマンション。

同マンションの10階にお住まいだったお施主様は、より美しい眺望が期待できる14階に移り住むことに。

南側の和室をLDKに取り込み、寝室の壁をガラス張りにすることにより、どこに居ても身近に海を感じることのできる住まいとした。

照明計画やウィンドウトリートメント、家具のレイアウトも合わせて計画する事で、お手持ちの調度品の魅力を活かしたオリエンタルな空間を実現しました。

寝室の壁は腰から上をガラス張りに。ロールスクリーンを設置し、プライバシーを守りながらも開放感を実現した。
お手持ちのオリエンタルな調度品。
ベランダからは瀬戸内海と明石大橋が一望できる。
リビングダイニングのどこに居ても海が感じられる。
フリールームとリビングは扉で仕切る事も可能。

Before

After

担当者の声

リフォームプランナー®
土井 麻益子|二級建築士

東南の眺望を活かす間取りプランだけではなく、ウィンドウトリートメントも一緒にご提案させて頂いた事により、外部からの日差し調節やプライベートの確保、そしてお施主様がイメージされていたオリエンタルなインテリアテイストに合わす事が出来ました。

プロジェクトマネジャー
倉橋 理絵|二級建築士

海の景色を寝室にも届ける為、寝室の壁の半分をガラス張りにするという斬新なアイディアは、お施主さまから頂きました。施工・搬入計画はやや大変でしたが、開放感のある素敵な空間になり、お施主様にも喜んで頂けてとても良かったです。

前のページに戻る

ご相談・お見積り

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

資料請求

リフォームの大切なことがよくわかるカタログを差し上げます。

このページの先頭へ