夫婦ふたりに戻った暮らしを、スタイリッシュにリファイン

#マンション #夫婦 #11〜20年 #50代からの家づくり #モダン

Data

構造
鉄筋コンクリート造
リフォーム面積
118.32m²
延床面積
133.26m²
築年数
14年
改装範囲
全面改装
家族構成
夫婦:50代
広々としたリビングダイニング。これまで以上に来客が増える生活を見据え、長さ3メートルの大きなテーブルを新調。シンプルで暖かみのあるコーディネートを心がけた。
タイルとクロスで貼り分けられた二重壁と間接照明が、ディスプレイをシネマスクリーンのように浮かび上がらせる。
LDKの回遊動線の主役となるキッチンは、タイルウォールで風合いあるテイストにまとめた。ワインセラーを組み込んだバーカウンターはホームパーティーでも大活躍する。
既存の大理石床と玄関収納を活かした玄関ホール。天井、壁のクロスは新たに張り替え、軽やかでまとまりのある雰囲気を演出。
ご主人の個室では、窓に挟まれたコラムに大きな姿見のミラーを貼り、部屋のアクセントとした。奥さまの個室との共通アイテムの1つ。
ベッド側から望んだご主人の個室。洋室を2部屋つなげ、ホテルライクなゆったりとした仕上がりに。テレビスペースは暖炉のようなデザインに大工造作で仕上げ、ご主人の趣味の映画鑑賞を楽しめる。
以前の主寝室と和室をつなげ、奥さまの居室とした。アンティーク調のブラケットとフェミニンな色づかいが、甘すぎない大人の優雅さを演出する。床のカーペットはご主人の個室と色違いのもの。
奥さまの個室に繋がった4畳のウォークインクロゼット。桐のシステム家具を和服収納棚として採用し、予備の布団を収納する棚を新たに造作した。
洗面脱衣所は、洗面台と鏡はそのままに、床材、壁、天井を張り替えて清潔かつ明るい雰囲気にまとめた。
買い換えを検討していた浴槽が、塗装補修とクリーニングで新品のようによみがえった。素通しだった窓ガラスにフィルムを貼り、下端に残した透明な部分からは眺望も楽しむことができる。
(写真左端)洗面室のトイレにはタンクレス風便器を採用してすっきりとした空間に。ピンク色の内装が暖かみのある印象を与える。(写真中央、右端)玄関脇のトイレは、カウンターと鏡は既存のまま、ホールとの調和を考えた落ち着きのあるコーディネートとした。

Before

ご要望

  • 子どもたちの独立を機に、夫婦2人の新しい生活を演出する「格好良い」住まいを作りたい。
  • ホテルのようなラグジュアリーな雰囲気にしたい。
  • 人の流れが滞りがちなダイニングを改造し、広さを有効に活用したい。
  • 空いた子ども部屋の2室をつなげ、主人の個室にしたい。
  • 経年で付いた瑕疵を直し、使えるものは使うリフォームにしたい。

After

ご提案

  • それぞれのご要望を活かしつつ、住まい全体の一体感や、ご夫妻のつながりを大事にしたデザイン・インテリアをご提案しました。
  • お手持ちのワインセラーに合わせ、バーカウンターを新設しました。
  • 和服を整理して収納できる、桐のシステム箪笥を採用しました。
  • 浴槽を塗装と研磨で修復しました。

Before

施主様の声

施主 K様

担当者さんとの相性はとても重要だと感じました。専門家としての豊富なアイデアはもちろん、徹底的にヒアリングしてくれる親身さや、想いを形にするセンスを持った方がたとの出会いが、納得のいくリフォームへと導いたのだと思います。リビングにいる時間がとても長くなりました。(ご主人)

以前よりお客さまを招く機会が多かったのですが、リフォーム後はさらに増えています。友人から「リゾートのホテルみたいなインテリア」とほめられたことが嬉しいです。当初は特に要望していなかったオープンキッチンも、お客さまと話しながら調理ができ、予想以上に使いやすいです。部屋も大きく広く見えるようになりました。(奥さま)

担当者の声

プロジェクトマネジャー
田中 美菜子

他社と競合の中、提案力を高く評価いただけたことに感謝しております。弊社のプロジェクトマネジャーとプランナーによるチームワーク制が、ご満足いただける結果を産んだと考えます。

リフォームプランナー®
一級建築士 宮路 聡美

お子さま独立後のリフォームにあたり、住まいの不具合の解消だけでなく、未来のライフスタイルを反映させたプランを提案させていただきました。「やはりプロは違うな」というお褒めの言葉をいただき、感に堪えません。

前のページに戻る

ご相談・お見積り

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

資料請求

リフォームの大切なことがよくわかるカタログを差し上げます。

このページの先頭へ