水まわりが動かせない!問題をクリアして希望実現

#マンション #夫婦 #31年以上 #2人で暮らす #モダン

Data

構造
鉄筋コンクリート造
リフォーム面積
75 m²
延床面積
75 m²
築年数
35年
改装範囲
全面改装
家族構成
夫婦:30代
キッチンは壁付け型から対面式に リビングダイニングのご主人とも会話が弾む。
一直線に並んだダイニングキッチンに日差しがたっぷり注ぐ
白とダークブラウンでまとめたリビング。明るい色調のダイニングとの対比も面白い
玄関からキッチンへは一直線。買い物帰りの重い荷物もラクラク運べる
キッチン隣に食品庫と洗濯機置き場も設け、家事スペースとして活用
リビング南側の洋室は、将来の子ども室。間仕切り壁はあえて天井高にせず180cmに
トイレは洗面脱衣室とワンルーム化。間仕切りを取り払い、広々とした空間に
浴室の壁は一面のみにオレンジのタイルを貼り付けてポップな雰囲気に
暗くなりがちなマンションの玄関を鏡の効果で明るい印象に
シューズクロークにはご夫妻の靴がギッシリ
静かな北側に配置した主寝室
ウォークインクローゼットへも出入りしやすい

リフォームプランニング

キッチンをグルリと回転させ、光と風を確保

独身時代、祖母から譲り受けたマンションに結婚後もお住まいだったS様。築30年が過ぎていたこともあり、結婚して1年が過ぎたところでフルリフォームすることになりました。今回の工事の主役である奥様の大きな悩みは「薄暗いキッチン」。水まわりを移動できないという大きな問題を抱えていたため、リフォームプランナーは向きをグルリと回転させるというワザでお悩みを解決。南側のバルコニーから光と風がダイレクトに入り込み、明るいダイニングキッチンが完成しました。

リフォーム成功のポイント

水まわりの移動などで制約が多いマンションリフォーム。プラン次第で希望を実現できることも多いので、諦める必要はないのです!

部屋と部屋をつなぎ、風の道を確保したウォークインクロゼット


3LDKから2LDKへ部屋数を減らし、収納力をアップ。LDK隣の洋室と北側の主寝室は、ウォークインクロゼットでつながっており、衣類も日用品もまとめて片付けられます。家族全員の荷物が入り、これまで悩みのタネだった収納不足が一気に解決しました。また、各部屋にタンスなどを置かずに済むのもうれしいところ。部屋が狭くならないうえ、タンスが動かないように固定する耐震対策などの面倒もありません。

将来の子ども誕生に備えたプランニング


今はご夫妻二人暮らしのS様ですが、将来のお子様誕生に備えて子ども部屋(予備室)を確保。家族の集まるリビングの南側に設けています。お子様が小さいうちは常に家族の気配を感じ合えるように、あえて個室にせずドアはなし。壁も180cm高の間仕切り壁を用い、天井に隙き間を空けています。もちろん将来は、成長に応じて扉の設置も可能。天井に下地が入っているため、プチリフォームが手軽に行えます。

2人で暮らすリフォームポイント

お互いを尊重できる空間づくりと家族の変化に対応できるプランニングを

それぞれの生活スタイルを尊重しながら二人で仲良く暮らしていくための住まいづくりをリフォームで実現することができます。

二人にちょうどいい距離感が、夫婦円満の秘訣

二人暮らしに不可欠なのが、お互いを尊重できる適度な距離感。リビングの一角に書斎コーナーをつくる、キッチンの隣に家事コーナーをつくるなど、夫と妻それぞれが快適に使える専用スペースを設けながら、お互いの気配を常に感じられ、コミュニケーションをとりやすい空間をつくることができます。

将来の家族の変化も視野に入れたプランを

若いご夫婦の場合は、将来を見据えて、いずれ家族が増えることも想定したプランにすることもできます。寝室やリビングに間仕切りなどを増やし、独立した部屋をつくれるよう、フレキシブルに対応できる間取り設計を行います。

Before

After

施主様の声

施主 S様

プランは3社に依頼しましたが、ありきたりの提案ばかり。そんななか、リフォームプランナー佐藤さんのアイデアは既存の間取りを一新するもので、「これだ!」と直感しました。仕上がりもイメージどおりで、今では家で過ごす時間がとっても楽しいです。

担当者の声

プロジェクトマネジャー
岸田洋司

築年数の経ったマンションだった為、設備に気を使いながら打ち合わせを進めました。最近、お電話させていただいたところ、ご家族も増えられたそうです。

前のページに戻る

ご相談・お見積り

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

資料請求

リフォームの大切なことがよくわかるカタログを差し上げます。

このページの先頭へ