二世帯リフォーム 家族で住み継ぐ暮らし

団塊ジュニアが住み継ぐ親の家

「住み継ぐ」とは、親や祖父母、親族の住まいを引き継いでいくこと。昔は当たり前だったこの概念が、子世帯は別に住まいを構えることが当たり前になってきた今、再び注目を浴びています。
相続・贈与対策の方、価格や条件で折り合いがつかずに「住み継ぐ」選択をされる方、家族の歴史が刻まれた住まいを「住み継ぐ」方、住み継ぐ形とキッカケは人それぞれです。
また、同居だけが「住み継ぐ」ことはではありません。空き家になってしまった祖父母の住まいを孫世帯が住み継ぐ、といったことも「住み継ぐ」ことになります。

不動産取得パターンごとの特徴

住み継ぐ暮らしには様々なパターンがあり、パターンごとにメリットや必要な工事なども変わってきます。
ここでは代表的な「住み継ぐ暮らし」のパターンをご説明いたします。

【共存】単世帯から二世帯へ

  • 上下階分離or左右分離or同居型
  • 光熱費などの分担方式を決める必要がある
  • 親世帯のバリアフリー化が可能
  • 子世帯の将来の変化を見据えたプランが可能

【共存】スライド二世帯

  • 既存の二世帯機能を有効活用
  • 最小限リフォームも可能
  • プランニングやインテリアを充実させやすい
  • 各世帯のライフスタイルに合わせやすい

【譲渡】親・親族から子へ

  • 子世帯に実家機能を入れ込むことも可能
    (宿泊スペース・仏壇置き場・門扉など)
  • 住まいへのこだわりも継承し、インテリアに活かす

【交換】住まいの交換

  • 各世帯にリフォームをすると、仮住まい・工事のタイミングを合わせることが可能
  • 各世帯に合わせたプランに変更が必要
  • 最小限リフォームも可能

【交換】住まいと事業の継承

  • リフォームを契機に事業内容の見直し、スペースの分配方法の検討が可能
  • 事業と共に暮らしの見直しが可能

【住み替え】親資産+子資産

  • 親世帯の売却益と子世帯の自己資金で住宅を購入
  • 各世帯にリフォームをすると、仮住まい・工事のタイミングを合わせることが可能
  • 各世帯に合わせたプランに変更が必要
  • 最小限リフォームも可能

家族で住み継ぐメリット

住み継ぐ暮らしには、生活上のメリット、経済的なメリット、環境面のメリットなど、数多くのメリットがあります。
ここではその一例をご紹介いたします。

生活上のメリット(三世代住宅)

家族の歴史の継続性

  • 親が培ってきた地域のつながりを引き継ぐ。
  • 自分の子ども時代の経験が子育てに活かしやすい。

親子間の交流が容易

  • なじみがあり、土地勘がある場所なので行き来がしやすい。
  • 親と孫が住んでいる場所に関して同じ話題が持て、自然な「育孫」につながる。

慣れ親しんだ地域での暮らし

  • 周囲の状況がある程度把握できているので、買い物や通学路などを適切に選びやすい。
  • コミュニティが健全なら、地域全体で子どもの見守りができる。

経済的なメリット

住宅取得のしやすさ

  • 同じ地域で、新築したり、中古購入をするより割安。
  • すでに家があり、暮らした経験から問題を抽出しやすく、効果的な解決につながりやすい。
  • 後から問題が発生して、修理するリスクが少ない。
  • 家の耐用年数を延ばすことで、家族単位の経済負担を軽減する。

環境面のメリット

住宅の再利用

  • 放置された空き家問題の解決策の一つになる。
  • 使用可能な住宅の廃業を防ぎ、社会規模での廃棄物の削減、資源の有効利用につながる。
  • 地域の風景としてなじんだ環境を保全しやすい。

ご相談・お見積り

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

資料請求

リフォームの大切なことがよくわかるカタログを差し上げます。

このページの先頭へ