資産活用リフォームトップ > 資産活用リフォームとは > 収益型建物の資産価値の最大化

三井のリフォーム 資産活用リフォーム。収益型建物の価値を資産活用リフォームで最大化していきます。

「資産価値」とは、永続的に一定の価値を持つのではなく、その資産を取り巻く様々な状況、例えば経済情勢や活用方法、さらに将来の可能性をも含めてその価値は変動します。もし資産が収益を生むためのものであれば収益性の向上を図り、最適な利用価値を追求する。 「三井のリフォーム」の資産活用リフォームは、ご所有の「資産価値」を正確に見すえ、その価値を最大化するリフォームです。

年月を重ねるごとに建物・室内は老朽化が進み、メンテナンスが必要なのはもちろんですが、賃貸資産の場合、市場競争力を高めて収益を改善するためにはリフォームが欠かせません。これからは、機能性、ライフスタイルに合った間取り、安全性等、様々なニーズに応えるために長期的視野での「資産再生」を図ることが、お手持ちの資産の採算性を上げていく上で必要不可欠です。

コンバージョン(用途変更)オフィスビル、社宅や倉庫を賃貸マンションに変更するなど、事業資産の用途を変更して、収益力・資産価値を高めていきます。/リノベーション(全面改装)近隣に新しい賃貸マンションが建設され、空室期間が長期化してきた所有マンションを全面リニューアル。競争力を取り戻したり、また、購入した中古マンションの一室をリフォームして、投資用賃貸資産として再生していきます。/コンバージョン(用途変更)自宅併用賃貸住宅をリフォームし、二世帯住宅に用途変更したり、二世帯住宅を賃貸住宅にしたり、ライフスタイルの変化に合わせてリフォームをしていきます。/リノベーション(全面改装)購入した中古マンションを自分のスタイルに合わせて全面的にリフォームしたり、親から相続した実家を二世帯住宅にリフォームしていきます。

三井のリフォーム 資産活用リフォーム

「三井のリフォーム」は築年数が長い建物・室内の場合、耐性、排水管、受電・変電設備など基本性能の改善を図るだけでなく、優れたプランニング力と確かなノウハウで総合的なリフォームを可能にします。例えばデザイナーズマンションに劣らぬ洗練されたインテリア、オートロック化、省エネ構造、バリアフリー設計やエコ仕様など時代の要請を満たしながら老朽化した資産の価値を将来に渡って確実に高めていきます。

三井のリフォーム 資産活用リフォーム
  • 資料請求資産活用リフォーム事例集進呈
  • ご相談お見積はこちらから
資産活用リフォーム相談デスク
ページトップヘ ひとつ前のページへ