資産活用リフォームトップ > 事例のご紹介 > case04 賃貸事務所を賃貸住戸にコンバージョン

資産活用リフォーム 事例のご紹介

事例のご紹介

  • case01
  • case02
  • case03
  • case04
  • case05
  • case06
  • case07

case04 Conversion ●所在地:東京都杉並区 ●構造:RC造  賃貸事務所を賃貸住戸にコンバージョン 時代のニーズを意識したモダンデザインのリフォームで、他との差別化を実現。

中央に配置されたキッチンをポリカーボネート板で仕切り、できる限り空間を広くみせる配慮を
開閉自在のブルーの引き戸は、空間の自由なアレンジを演出

借り手の市場傾向にマッチした“デザインの生きた部屋”

 当初、女性用ワンルーム2戸に改装したいというオーダーでしたが、立地条件の悪さからターゲットの提案も含めたカタチでスタート。他との差別化も計るため、SOHOとしても使えるフロア展開が計画されました。そこで部屋中央に大型の収納家具を配置し、二分化された空間をオフィスと住戸のSOHOに。またLDと寝室のDINKS仕様にも使えるよう工夫しました。さらに家具の背中に取り付けた引き戸を開けて、ルームシェアも可能な2つの個室をつくることも可能。
家具を壁面に移動すれば広々としたワンルームとしても使え、住む人のライフスタイルに合わせた自在な間取りをこの物件の魅力としました。

ご要望
万人受けする部屋では満足しないユーザーのご要望に応えたい
空きが続いていた賃貸事務所を、女性用ワンルーム2戸にしたい
借り手のさまざまなニーズに合った賃貸住戸にしたい
→
Property Plusで実現
ターゲットを絞り込んだ企画、デザインを実施
SOHOやDINKS向け住戸としても使える間取りにすることで、アピール力を強化
機能性とデザイン性を融合したオリジナリティを追求

from Reform Planner

オーナー様の先見性にいかに応えていくかが鍵に
可動式間仕切り家具を採用して、ユーザーが自由にアレンジできる空間へ
ウッドテラスやドラム式洗濯機を設けてモダンに
  • 資料請求資産活用リフォーム事例集進呈
  • ご相談お見積はこちらから
資産活用リフォーム相談デスク
ページトップヘ ひとつ前のページへ