リフォームガイド

高級リフォームの押さえておきたい基礎知識

2020.11.11

#デザインリフォーム

高級リフォーム(リノベーション)の基礎知識

高級リフォーム(リノベーション)を行うと、ごく一般的なマンションや戸建てを、ワンランク上のラグジュアリーな空間にすることができます。新築より抑えた価格で、新築以上にステータスを感じさせる住まいを手に入れることも不可能ではありません。
ここでは、高級リフォームをする際に知っておきたい基礎知識を解説します。

高級リフォーム(リノベーション)を行うメリット

高級リフォーム(リノベーション)を行うことで、次のようなメリットを得ることができます。

新築以上の高級感ある住まいを手に入れることができる

高級リフォームのメリットのひとつは、新築同様、もしくはワンランク上の住み心地やライフスタイル、機能性を持った住まいを手に入れられるという点です。リフォームによって劣化した給排水設備の交換や、最新設備の導入も可能なので、見た目の刷新はもちろん、暮らしの質を総合的に向上させることができます。

自分が求める「高級感」を一からプランニングできる

何を高級かと思うかは人によってそれぞれ違うものです。高級家具を取り入れることで高級感を感じたり、部屋全体の落ち着いたデザインを高級だと感じたり。新築マンションは間取りやデザインが決まっていますが、高級リフォームなら、一人ひとりのこだわりに合わせて、自分が求める「高級感」ある部屋を造っていくことができます。「高級ホテルのようにステータス感あふれる内装や水回りにしたい」「好みの高級マンションの良いところを全部詰め込みたい」など、構造上無理がない範囲で理想の住まいを実現することができるでしょう。

コストにメリハリをつけられる

マンションや建て売りの住宅の場合、細部まですべて満足できる物件を見つけるのは非常に困難です。住まいの設備をオプションでアップグレードすることはできても、ダウングレードさせることはできないため、「もう少しリビングにこだわりたいから、エントランスは控えめでいいんだけど…」といったコストのメリハリをつけることができません。
しかし、高級リフォームを前提に物件を購入する場合、立地や階数、広さといった大枠さえ希望どおりであれば、あとは中身を自由に設計できるので、「費用をかけるところにかけて、抑えるところは抑える」といった調整が可能です。こだわりをとことん突き詰めた、唯一無二の住まいを実現できます。
また、中古物件であれば、新築よりも流通量が多く、資産価値も安定しているので、中古物件を購入して高級リフォームを行えば、理想のエリアで上質な暮らしが実現できます。

高級リフォーム(リノベーション)を三井のリフォームで行うことの強み

高級リフォーム(リノベーション)を行う場合、重要なのはどのリフォーム会社にお願いをするかということです。 三井のリフォームによる高級リフォームには、次のような強みがあります。

先駆者として積み重ねてきたアドバンテージ

三井のリフォームは、高級リフォームの先駆け的存在です。1993年から青山を拠点とし、都心のマンションをはじめとするさまざまなリフォームを数多く手掛けてきました。 都心ならではの地域性やマーケット、そしてリフォーム事例を熟知しているからこそのアドバンテージを活かして、高級リフォームを求める方に最適なご提案をすることができます。

優れたデザイン力、提案力、施工技術力

細やかなコンサルティングにもとづくデザイン力、女性建築士のリフォームプランナーによる豊かな提案力、経験にもとづく優れた施工技術力は、蓄積されたノウハウがある三井のリフォームの強みです。ワンランク上の上質なライフスタイルの創造を、さまざまな角度からサポートいたします。

リフォームにまつわるあらゆる相談に対応可能

三井のリフォームでは、マンション、戸建てといった持ち家の高級リフォームをはじめ、中古住宅を購入してのリフォーム、資産活用リフォーム、内装・設備の部分リフォームなど、あらゆるリフォームに対応いたします。また、リフォームを行うにあたっての、ローン、相続税など資金面のご相談にも応じています。

都心部ならではのリフォームに強い

都心部の戸建てやマンションでの高級リフォームは、騒音など都心部ならではの対策が欠かせません。都心の工事を数多く手掛けてきた三井のリフォームは、近隣対策を含めた万全の体制で施工に臨んでおり、管理会社や管理組合からも高い評価を得ています。

高級リフォーム(リノベーション)の事例

ここからは、三井のリフォームが携わった、高級リフォーム(リノベーション)の事例をご紹介します。

CASE1

新築マンションをお気に入りの家具を中心に高級カスタマイズ

築年数
0年(新築)
リフォーム面積
150平方メートル
リフォームにかかった費用
4,900万円

10年単位で引越ししてきたご夫婦。今回の引越しでは、新築物件を購入。部屋の内装がカジュアルだったことから、入居前に高級リフォームを施そうと考えていらっしゃいました。

Before

After

間取り図

<リフォームの内容>

当初は、玄関周りをタイルにしてほしいという規模でのご依頼でしたが、モデルルームにあったイタリアの工芸品のような家具を扱うメーカー「プロメモリア」が気に入ったとのことで、プロメモリアの家具を中心に全体のデザインをご提案しました。曲線的でクラシックかつモダンテイストもあるプロメモリアの家具の雰囲気を踏まえて、住まいの顔である玄関正面には大理石を、リビングへの長い廊下の壁面には黒檀のパネルを配し、テレビボードなどの造作家具(オーダー家具)にも黒檀を取り入れています。


CASE2

名作家具を子育て期のファミリーの暮らしに合わせてレイアウト

築年数
33年
リフォーム面積
123平方メートル
リフォームにかかった費用
非公開

海外赴任から帰国するにあたり、すぐに住める家を求めてウェブサイトをチェック。しかし、ある程度の広さがあって、アウトドア用ダイニングセットが置ける広いバルコニーがある物件という条件と予算が折り合わず、リフォームを視野に入れて探したとのこと。結婚後に購入したのが三井不動産の新築マンションであり、転勤の際に賃貸に出すときも三井不動産にご依頼いただいたことから、今回のリフォームも三井のリフォームにお任せいただきました。

After

間取り図

<リフォームの内容>

デザイン性が高く、個性が強い名作家具をしっかり納められるようなレイアウトにしたいというご要望と、幼いお子様たちがのびのび遊べるスペースとお子さんたちに目が届くキッチン、ゲストルームといった必要なスペースの確保を両立したいというお考えがありました。そのため、部屋全体を生活シーンごとにゾーン分けして、その中央にキッチンや浴室などの水回りを集約させたセンターコアのリフォームを行いました。そして、それぞれのシーンに適した家具を配置しています。


CASE3

ひと目惚れした物件をフルリフォームで大人の住まいに

築年数
16年
リフォーム面積
153平方メートル
リフォームにかかった費用
6,208万円

ピクチャーウインドウ(景色を部屋に取り入れるために備えつけられた窓)から見える満開の桜にひと目惚れして購入を決めた中古マンション。独立型キッチンが持つ閉鎖的な空間や、ウッディーな雰囲気のインテリアとフローリングがあまり気に入っていなかったため、リフォームをご依頼いただきました。

Before

After

間取り図

<リフォームの内容>

床を含めた室内全体を、ご夫婦の好みであるモダンスタイルの白いインテリアに一新しました。キッチンとダイニングに空間的な連続性を持たせるために、同じ高さ、同じ素材で造ったカウンターを設置しています。
また、キッチンとダイニングのあいだは、腰高の配膳・作業用のカウンターのみで区切り、上部は天井までオープンにして、キッチンの奥までふんだんに自然光が入るように工夫することで、明るく開放的なキッチンとなりました。


CASE4

終の棲み家としての居心地とこだわりを実現

築年数
30年
リフォーム面積
154平方メートル
リフォームにかかった費用
3,520万円

Before

After

間取り図

<リフォームの内容>

熟年のご夫婦二人暮らしにふさわしく、互いの気配が感じられるような開放感のあるワンルーム感のある間取りで、モダン・シンプル・おしゃれの3つのキーワードに沿った都会的かつ洗練された空間を希望されました。
天井高を活かした広がりのあるダイナミックなリビングと、眺望の良いベランダ側の開放的なダイニング&キッチンという間取りに変更しています。
リビングと廊下のあいだには、引き戸の幅を最大限に広くしたファブリックガラスのパーティションを取り入れることで、一体感を感じさせる空間を実現。あえてトーンを落としたデザインで造られた玄関によって、玄関の「暗」からリビングの「明」へと、ドラマチックに転換されるような効果を演出しています。

高級リフォーム(リノベーション)は三井のリフォームにご相談を

高級リフォーム(リノベーション)には、豊富な経験とデザイン力、発想力、施工技術力が欠かせません。
高級リフォームをお考えの際は、先駆者としてのアドバンテージがある三井のリフォームに、ぜひご相談ください。

前のページに戻る

ご相談・お見積り

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

資料請求

リフォームの大切なことがよくわかるカタログを差し上げます。

このページの先頭へ