リフォームガイド

キッチンリフォームの費用に関する基礎知識!種類から配置まで詳しく解説

2020.11.11

#部位別デザインリフォーム

キッチンリフォームの費用に関する基礎知識

毎日、家族の誰かしらが立つキッチン。できるだけ機能的で使いやすく、ルーティンワークが少しでも楽しくなるような工夫が欲しいものです。しかし、毎日使う場所だからこそ、劣化が早いことも確かです。また、年月とともに求める機能が変わってくることもあって、一定の期間が経つとリフォームを考えたくなる場所でもあります。
ここでは、キッチンのリフォームを考えたときに、気になる費用について解説します。

キッチンのリフォームを検討するきっかけ・タイミングは?

キッチンのリフォームを検討するタイミングは、家庭によってさまざまです。よくあるリフォームのきっかけやタイミングを確認しておきましょう。

キッチンが劣化した、壊れた

キッチンのリフォームを考えるタイミングとして最も多いのは、キッチンの見た目が明らかに劣化した場合や、設備が度々故障する場合などでしょう。
使用頻度や使い方、普段のお手入れの方法と頻度によっても変わりますが、キッチンの耐用年数である10~20年前後が、機器の不具合や老朽化が目立ち始める目安です。ですので、10年をひとつの区切りとして、設備の状態を確かめておくといいでしょう。不具合が出てからではなく、出る前に対応しておくことで、劣化や故障の影響が広く及ぶのを防ぐことができます。
よくあるキッチンの不具合には、主に下記のようなものがあります。

  • 蛇口やシンク下の水漏れ
    蛇口やシンク下のパイプに劣化や破損があると、水漏れが起きることがあります。部品の修理で収まる場合と、排水管の交換が必要な場合があります。
    排水管の交換の場合、リフォームの規模が大きくなり、コストもかかります。
  • 一体型の食器洗い乾燥機の不具合
    一体型の食器洗い乾燥機は、ボタンを押しても動かないことがある、動くときに変な音がする、洗い終わりを見ると汚れが残っているなど、10年ほどでちょっとした不具合が発生する場合があります。
  • 床の劣化
    重い物を落としてキッチンの床が傷ついたり、床からぎしぎしと音がするようになったりしたら、床の張り替えのサインかもしれません。

使い勝手が悪くなった

新築時はいいと思って使っていたキッチンも、家族の形態が変わったり、使う人が年を重ねたりすることで、使い勝手が悪いと感じる部分が出てきます。例えば、キッチンの台の高さや、収納の数などです。
これまでは集中して料理ができる独立型キッチンが便利だったけど、子供が生まれたので目が行き届くオープンキッチンにしたいという場合もキッチンリフォームのタイミングとなります。

生活動線に不満がある

キッチン単体というより、リビングやダイニングと合わせた生活動線が使いづらい場合も、キッチンのリフォームを検討するきっかけのひとつです。
食事を作ってテーブルに並べる、ダイニングで食事をした後で食器を下げるといった動きがスムーズにできないと、毎日のことだけにストレスが溜まってしまいます。

キッチンのタイプ

リフォームをする際に、どのようなキッチンに変えるか検討することは、非常に重要です。キッチンのタイプと、その配置方法にはさまざまな種類があります。

キッチンの形状

まずは形状ごとの種類を見てみましょう。

<今の住まいに対する不満や希望の例>

  • I型
    I型は、コンロ、調理スペース、シンクが横一直線に並んでいるスタンダードなタイプです。
  • II型
    II型は、シンクと作業スペース、コンロと調理スペースといったように、シンクとコンロが分離して2ヵ所に設置されるタイプです。
  • L型
    L型とは、大文字のLの形をしたキッチンです。Lの長い部分にシンクと作業台が並び、Lの短い部分にコンロが来るのが一般的です。

キッチンの配置方法

続いて、キッチンの配置方法の種類について解説します。

  • 壁つけ型
    壁つけ型とは、その名のとおり、壁にぴったりとキッチンを沿わせて取りつけるタイプです。限られたスペースを効率的に使いたいときに向いていますが、料理をする人が壁側を向くことになるため、孤立感があったり、家族に目が届きにくかったりするというデメリットがあります。
  • ペニンシュラ型
    ペニンシュラとは、半島の意味。I型でもL型でも、本体の左右どちらかが壁に接していて、リビングやダイニングとは対面している形がペニンシュラ型です。
    料理をしながら家族と話をしたり、小さな子供の様子を確認したりできるのがメリットです。I型はもちろん、II型、L型と組み合わせることで、レイアウトのバリエーションも広がります。
  • アイランド型
    アイランド型は、ひとつの島(アイランド)のように、作業スペースやシンク、コンロが部屋の中に独立して存在しているタイプです。
    キッチンに立つと、リビングやダイニングにいる家族と向き合うことができ、壁に接する部分が一切ないのが最大の特徴です。ただし、壁つけ型、ペニンシュラ型と比べて価格は若干高めです。

キッチンリフォームにかかる費用

キッチンリフォーム行う際、費用としてかかるのは主に以下の項目です。

  • システムキッチンの本体価格
  • システムキッチン施工費
  • 仮設工事費(内外の養生費、資材小運搬費、荷揚げ費など)
  • 解体費(システムキッチン撤去費、バックセット撤去費など)
  • 産業廃棄物処分費
  • 給排水給湯配管工事費(配管止水手間費、給水・給湯配管工事費、排水配管工事費など)

システムキッチンの本体価格は、メーカーのグレードによって異なります。一般グレードのシステムキッチン本体であれば130万円(工事費別)、バックセット(背面収納)で30万円ほど。ハイグレードな物になると、システムキッチン本体のみで300万円ほどです。
これに、床・壁・天井を一般グレードで張り替えをした場合、約10万円プラスになると考えておきましょう。

このほか、システムキッチンの費用を変動させる要因になるのが、オプションとして選べる面材のグレード、設備機器の性能などです。具体的には、次のようなオプションを選ぶことができます。

  • 扉/取っ手
    システムキッチンの扉および取っ手部分は、複数のグレードから好みに合った柄を選びます。
  • カウンター/シンク
    システムキッチンの調理台とシンク部分は、人造大理石、ステンレス、メラミンといった素材を選び、さらに各グレードから好きな柄を選びます。
  • 水栓金具
    水栓金具は、水やお湯の出る蛇口部分です。好みのデザインや機能を選ぶことができます。浄水器一体型、手をかざすと水が出るスリムセンサー水栓、ぐっと楕円形に曲がった見た目がおしゃれなグースネック水栓といった機能がついた水栓もあります。
  • 食器洗い乾燥機
    ビルトイン型の食器洗い乾燥機。機能や大きさによって価格が異なります。
  • 加熱機器
    加熱機器は、コンロ部分を指します。まずはIHかガスコンロかを選びましょう。何口つけるかという基本的なところから、ワンタッチでさまざまな調理ができるグリル、お掃除しやすいトッププレートなどの機能や性能を選ぶと価格が上がります。
  • レンジフード
    レンジフードは、キッチンのコンロ部分の上に設置する換気扇とその覆いのことです。壁づけ、センター、サイドといった取つけの位置や、覆いの色などを選ぶことができます。自動で掃除をしてくれる機能や静音機能などがついているかどうかで、価格が変わってきます。
  • フロアユニット
    フロアユニットとは、コンロ下などに設置されるキャビネット部分のこと。引き出しの数、大きさなどが選べます。 中には、まな板や食器、ふきんを除菌する機能がついていたり、引き出せるテーブル部材がついていたりする物もあります。
  • ウォールユニット
    ウォールユニットは、キッチンの壁につけられた収納スペースです。高さや機能が選べます。
  • 対面プラン用ユニット
    対面プラン用ユニットは、対面型キッチンをより使いやすくするさまざまなオプションのこと。グレードによって価格が変動します。 油の飛散を抑えるスクリーンやダイニング側の収納、全体のデザインなどが用意されています。
  • カップボード
    カップボードは、食品、食器、家電などの収納棚のこと。大きさや設置場所、機能性によって価格が異なります。
  • アクティブウォール収納
    アクティブウォール収納とは、壁面を利用した収納棚のことです。大きさや設置場所、機能性によって価格が異なります。
  • トールパントリー
    トールパントリーとは、長尺の開き扉がある壁面収納です。大きさや設置場所、機能性によって価格が異なります。
  • キッチンボード
    油はねから壁面を保護するキッチンボード。大きさや色、ダイニングを見通す窓をつけるかどうかなどによって価格が異なります。
  • キッチンシューター
    キッチンシューターは、室内から屋外の収納庫(ダストペール)にゴミを捨てられるシステムです。換気扇が自動的に機能し、近隣へのにおいも防いでくれます。大きさや設置場所、ダストペールの容量などが価格に影響します。

キッチンリフォームの事例

ここからは、三井のリフォームが携わった、キッチンリフォームの事例をご紹介します。

CASE1

ワンルーム感覚の部屋の中央に、部屋全体を見渡せるアイランドキッチンを設置

リフォーム面積
(キッチンを含む全体の面積)

82平方メートル

リフォームにかかった費用
(キッチンを含む全体の面積)

2,000万円

立地や部屋からの眺望を気に入って、新築時に購入したタワーマンションですが、間取りには最初から不満があったというご夫妻。80平方メートルクラスの部屋は、ファミリー向けの3LDK、4LDKばかりで気に入った間取りがないため、3LDKの間取りをオプションで2LDKに変更して使っていました。しかし、個室の壁を撤去した部分がデッドスペースのようで使いにくかったり、キッチンからの動線が使いづらかったりと、さまざまな住みづらさを感じていらっしゃいました。買い替えを考えて見学した新築は気に入らず、初めてリフォームを検討。三井のリフォームにご相談いただきました。

Before

After

間取り図

<リフォームの内容>

奥様が日常的に着物を着ることなどから、「和モダン」をコンセプトにスケルトンリフォームを行いました。
眺望を活かしたワンルームにするため、クローゼット2つを玄関寄りに設置。トイレを移動させて水回りをまとめることにより、大きな空間を確保しました。
ワンルームにアイランドキッチンを設置するためには、換気のフードとダクトを固定するアンカーを天井に打たなければならず、管理規約でそれが禁じられている場合は柱か袖壁が必要になります。幸いなことに、この部屋では天井へのアンカーが可能であることを確認。こうして、奥様のこだわりである、全体を見渡せるワンルームの間取りと、部屋の真ん中で家中を見渡せるアイランドキッチンを実現することができました。


CASE2

家族の顔が見え、朝の準備もスムーズにできるキッチンに一新

リフォーム面積
(キッチンを含む全体の面積)

105.27平方メートル

リフォームにかかった費用
(キッチンを含む全体の面積)

1,700万円

ツーバイシックス工法の輸入住宅で、最初は1階がご両親の住まい、2階は新築時に未婚だったご主人が結婚後に住めるよう、トイレと浴室を備えた二世帯住宅の造りになっていました。結婚後、キッチンを新設して同居を開始。その際に、内階段をふさいで完全分離型にしたものの、きっちり仕切られた間取りは使いづらく、お子様が小学校に進学されたのをきっかけにリフォームを決意されました。

Before

After

間取り図

<リフォームの内容>

既存のキッチンは、テーブルに背を向ける形になるのと、カウンターが狭いため、朝食とお弁当の支度を同時進行しなければならない朝が大変な状況でした。アイランドキッチンにして、家族の顔が見えるようにし、カウンターも広くして使い勝手を良くしたいというご希望をいただきました。 リフォームによって、キッチン中央に食卓を兼ねたアイランドキッチンを設置。また、壁側のカウンターに連なる形でお子様たちの勉強コーナーを設けました。奥様がキッチンで食事を作っているときにも、すぐに宿題を見てあげることができる環境になっています。


CASE3

思いきって決断したオープンスタイルのキッチンが、今ではお気に入りの場所に

リフォーム面積
(キッチンを含む全体の面積)

79.25平方メートル

リフォームにかかった費用
(キッチンを含む全体の面積)

1,327万円

駅から徒歩圏内の利便性と閑静なたたずまいが気に入って新築で購入したお住まい。水回りの老朽化と、「そろそろメンテナンスの時期」という管理会社からのアナウンスで、リフォームか新築を購入するかを検討されていました。新築マンションは条件面で既存マンションに匹敵するものがなかったため、配管もすべて新しくし、家族構成の変化に合わせて間取りも変更しようとリフォームを決断されました。

Before

After

<リフォームの内容>

スケルトンリフォームで配管から刷新。バリアフリー、断熱性能の強化といった住宅性能を重視しつつ、内装についてはデザインリフォームをしたいとのご希望でした。
最もこだわったキッチンは、手元が隠れるタイプのキッチンにするかどうか悩んでいた際、「ご本人が気にならなければいいのでは」という三井のリフォームのデザイナーのアドバイスで、思いきってオープンキッチンにする決断ができたそうです。手元が隠れると、ごちゃごちゃと物を置いてしまったり汚れが溜まったりするため、この決断で正解だったとおっしゃっていただけています。

三井のリフォームの費用に対する考え

家族でデザインを考えているうちにやりたいことが増えたり、配管などの状況によってやらなければならないことが増えたりするリフォームは、検討段階では費用総額がわかりにくく、見積もりが出てから「思っていたより高い!」と驚くことも少なくありません。特にキッチンは、ちょっとした不備から小規模なリフォームを検討したものの、デザインなどを考える中でほかの不具合が気になり始め、大規模なリフォームに移行するケースが多い場所です。

三井のリフォームでは、比較的大規模な工事を伴うリフォームを多く手掛けていることもあって、「三井のリフォームは高い」というイメージを持つ方が多いようです。しかし、前述したとおり、リフォームは千差万別で、お客様のこだわりや求める機能によって費用が大きく異なります。三井のリフォームでは、「かけるべきところはかけ、削るべきところはきちんと削る」ことを心掛け、必要なコストだけをかけたリフォームを行っています。

リフォームは、一生のうちで何度とない高額な買い物のひとつ。しかも、毎日暮らす住まいのことです。高品質とコストダウンを無理なく両立したリフォームで、後悔のない住まいを造りましょう。


キッチンリフォームは三井のリフォームにご相談を

キッチンリフォームは、三井のリフォームの得意分野です。
「当初はキッチンの部分的なリフォームだけを考えていたけれど、どうせやるなら全体的に新しくしたい」「キッチンのデザインや使い勝手をがらりと変えたくなった」という場合にも柔軟な対応が可能です。
キッチンのリフォームをお考えの際は、三井のリフォームにぜひご相談ください。

前のページに戻る

ご相談・お見積り

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

資料請求

リフォームの大切なことがよくわかるカタログを差し上げます。

このページの先頭へ