タワーマンション・リフォーム アイデアとノウハウと特徴

タワーマンションならではのアイデアとノウハウ

暗く長い廊下、不便な動線

特徴

角住戸に多く見られる、暗く・迷路のようにクランクする廊下

解決策

廊下を居室に(主にリビング)に取り込んで明るく広い空間を実現。その結果、動線も整理され、快適な暮らしが実現

変形(非整形)のリビング

特徴

角住戸に多く見られる、三角形やアール形状のリビング。家具が配置しづらく、動線が不便

解決策

お手持ちのテレビサイズと壁面のバランスに合わせてオーダーメイドした壁面収納

ダクトや配管が縦横に走る天井裏 空間

タワーマンションの設備を熟知せずに工事するとリスクが高くなります。一方、経験と技術を踏まえて工事をすることで、折り上げ天井などワンランク上の空間が実現します。

大きくて存在感のある柱や梁

特徴

梁や柱が大きい。居室内に柱が貫通することも

解決策

タイル・ミラー・照明などでデザイン。「見せる化」する逆転の発想で、ワンランク上のインテリアに変身

間口が狭く、使いにくい居室

特徴

バルコニーに向かって部屋数を確保するために細分化された居室。中住戸に多く見られる

解決策

間取りを再構築し、眺望を活かした快適な間取りへ

夏暑く、冬寒い!大型サッシの開口

特徴

眺望は良いが、暑さを助長するマイナス面も

解決策

広い開口部にはインナーサッシを設置し、サッシとの間にはブラインドを取り付け窓回りをシンプルに

風が強く、洗濯物が干せないバルコニー

特徴

眺望は良いが風が強く狭いため、使いにくいタワーマンションのバルコニー

解決策

インナーテラスを設けてビューバスを設置。洗面台からバスルームへと一体感ある空間に

スプリンクラーや防火扉

消防法や建築基準法で厳格に規定されているので、間取り変更をする際は法律に遵守した計画と行政協議が必要となります。

「管理規約」「居住者への配慮」を熟知し、怠らないことで、
「準備→届け出→着工→引き渡し」までスムーズに進められ、近隣トラブルも避けられます。

管理規約

  • 特殊な設備があり、多数の居住者が暮らすタワーマンションの管理規約はリノベーション工事に対して、厳格なルールが設定されています
  • 規約以外にも資材の搬出入ルートの規定など

居住者への配慮

  • ルールを守っていても入居者からのクレームが起こりえる作業現場。豊富な経験からルール以上の配慮が必要となります
  • 完成後にお客様に気持ち良くお住まいいただくには、隣接住戸の方との良好な関係構築が大変重要ですので、隣接住戸他へ個別に訪問し、工事騒音等ご迷惑のご説明を丁寧に実施いたします

タワーマンション・モデルルーム青山コンサルティングサロン

タワーマンションリノベーションを想定したモデルルームは必見。
都心ならではのデザインリフォームをご提案いたします。

詳しくはこちら

ご相談・お見積り

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

資料請求

リフォームの大切なことがよくわかるカタログを差し上げます。

このページの先頭へ