三井不動産リフォーム株式会社

フリーダイヤル:0120-24-3131 営業時間 10:00〜18:00(水・日曜・祝日定休)

健康・快適リフォーム

夏になると住まいの中での熱中症、冬になると温度差によるヒートショックが話題となります。
これらの夏の暑さ、冬の寒さ、そして、臭いや暗さ、湿気に悩まされていませんか?原因は、断熱性能・通風・採光・動線にあります。
リフォームで住宅の基本性能を根本から改善し健康志向で快適な住まいにしましょう。

  • 夏の熱中症
  • 夏:夏は昼間の熱気が夜まで残り暑くて寝苦しい
  • 夏:冷房が効かずに「暑い!」と感じる
  • 冬のヒートショック
  • 冬:暖房をしても足下が寒い
  • 冬:部屋と廊下との温度差が大きい
  • 冬:冬になると窓の結露がひどい
  • 冬:窓からのすきま風で窓際が寒い
  • 冬:冬の脱衣室・浴室トイレが寒い
  • 通年:窓を開けても風が抜けない部屋に臭いがこもる
  • 通年:光が届かずうす暗い場所がある
  • 通年:浴室のジメジメやカビが気になる

「三井不動産リフォーム」は、3つのデザイン要素をもとに住宅の基本性能を根本から改善し、
既存のお住まいを“エコで健康な暮らし”へと進化させるリフォームをご提案します。

  • [パッシブデザイン]通風、採光、動線、断熱性能を見直し、住まいの基本性能を高めて、快適な室内環境を実現します。
  • 「省エネ」「健康」「快適」を高めて、サスティナブルな住まいと暮らしへ。
  • [アクティブデザイン]省エネ・創エネ・畜エネ設備を利用して、エネルギー資源を大切に使う住環境を創造します。
  • [スマートマネジメント]エネルギー消費の見える化でエネルギー使用の最適化を促します。

健康・快適な住まいにすることで、省エネ効果も期待できます。

「断熱」「気密」さらに「換気」の3要素が住まいの快適性・省エネルギー性を高める決め手となります。 「温熱バリアフリー」で、もっと快適な住まいを実現してみませんか?

〈断熱性、機密性〉温熱バリアフリーでヒートショック、熱中症対策

冬の温度差が引き起こすヒートショックがよく注目されますが、夏の住まいにおける熱中症も注意が必要です。
住まいの断熱性、機密性をあげて「夏の暑さ、冬の寒さ」を改善しましょう。
※室内環境だけではなく、水分補給や体調管理も同時に行うことが大切です。

断熱性、機密性を上げて温熱バリアフリー化することで住まいの温度を快適に保ちます。

窓ガラスの断熱性を高めると、冷気が窓から伝わりにくくなります。 24時間換気を採用すれば、室内の空気を循環させて、居室と廊下、洗面などの温度差が解消されます。 「温熱バリアフリー」は、住まいを快適にするだけでなく、結露やカビの発生も抑制。より快適な室内環境を実現します。 断熱リフォーム 詳しくはこちら

beforeafter

〈換気〉室内空気環境の改善で健康快適&人に優しい住まい

計画換気システム、全館空調

全体に空気の流れをつくり出し温度差をやわらげ、結露やカビの発生も抑えます。1階のLDや2階各部屋の自然給気口から新鮮な空気を取り入れ、洗面所・トイレ・廊下ホール用の排気ファンで効率的に汚れた空気を排出。冷暖房は1台の室外機で住まい全体をまかなう全館空調も効果的。床暖房を採用すれば、さらに快適な暮らしが実現します。

また、有害化学物質の発生が少なく人にやさしい部資材を採用し、安心と健康に考慮しています。

換気リフォーム 詳しくはこちら
換気

住まいが明るく快適に劇的に進化!

築50年の木造住宅が、夏涼しく冬暖かく、まるごと進化。すこやかな光と風に包まれて、豊かな未来が広がります。

築50年の木造住宅は、どこまで進化できるか。当時例は、「三井不動産リフォーム」がライフスタイルに合わせて生活提案を行う「デザインリフォーム」とともに、「省エネ」「健康」「快適」を高める独自の「スマートリフォーム」を実現した事例です。既存住宅の基本性能を改善するため、耐震補強工事や耐久性の向上、さらには高断熱化を図り、窓や吹き抜けの新設など、自然の力を活かす「パッシブデザイン」でプラン全体を再構築。そのうえで、先進の環境設備を組み合わせました。エコで健康な暮らしをかなえる心地よい住環境。その進化をご紹介いたします。

Before After 1F
  • 1 リビングに地窓 [通風]
  • 2 間仕切り壁を撤去し、明るく風通しのよいLDKに[通風] [採光]
  • 3 床面給気口(開閉式)[換気]
  • 4 DKに通風吹き抜け[通風]
  • 5 小屋裏の暖気導入で暖かいトイレに[温度調整]
  • 6 エネファームを採用[環境設備]
  • 7 太陽熱利用給湯器[環境設備]
  • 8 家庭用蓄電池[環境設備]
After 2F 9 開口部の工夫で光と風が心地よい主寝室に[通風] [採光]
  • 10 高窓[換気]
  • 11 小屋裏断熱施工[温度調整]
  • 12 暖気排熱装置[温度調整]
  • 13 集熱用小屋裏収納[温度調整]

[コラム]住まいの性能を見直し、高めていくことは“健康な暮らし”の実現につながります。

住まいの「環境」と住まう人の「健康」は、とても密接な関係にあります。国土交通省支援のもと開発された「CASBEE健康チェックリスト」では、居住環境の「暖かさ・涼しさ」「静かさ」「明るさ」「清潔さ」「安全」「安心」の6つを健康にかかわる基本要素として捉えています。

「CASEBEE 健康チェックリスト」による健康要素
下の6つの要素を基本に質問が設けられており、ご自宅はどの健康要素が足りないかなどを見つけることができます。
「CASEBEE 健康チェックリスト」による健康要素
「CASBEE 健康チェックリスト」の総合スコアと有病率の関係(6,000軒のアンケート、日本サステナブル建築協会調査)
実際に、健康チェックリストの総合スコアが高い住宅に住む人ほど、有病率が少ないことがわかります。
「CASEBEE 健康チェックリスト」による健康要素
「CASBEE 健康チェックリスト」とは?

日本サステナブル建築協会が開発した住まいの健康性評価ツールです。ウェブサイトで利用できます。 全50項目の質問に回答することで、部屋ごとや6つの健康要素ごとに健康性を採点でき、全国6,000軒のアンケートデータに基づいて現在のご自宅の健康度が表示される仕組みになっています。
【ウェブサイト】一般社団法人 日本サステナブル建築協会 www.jsbc.or.jp/CASBEE/health_check

断熱性の向上は、「省エネ」だけでなく「健康」にもよいという話。

家の断熱性が高くなるほど、健康改善への貢献度がアップ。
監修・調査/近畿大学 建築学部 教授・博士(工学)岩前 篤 氏

断熱性の高い家に住み替えた人が、転居前と転居後で健康の状態が変化したかを調査したところ、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの諸症状が出なくなったという割合が多いことがわかりました。
そこで、飲酒・運動・喫煙・断熱の4つの要因で、どれが健康改善への貢献度が高いか、実際の生活の変化と照らしてさらに詳しく調査してみると、どの症状においても断熱が最も貢献度が高いという結果に。住まいの断熱性能を高めることは、省エネだけでなく、健康な暮らしにも深く関係することがわかります。

健康改善への貢献度(症状別)

お役立ちコラム 部位別デザインリフォームコラム

  • 実は怖いヒートショック現象!みんなどんな対策している?コラムを読む