三井デザインテック

一流ホテルのバーのような寛ぎのダイニング。資産価値を高めるリフォームで快適な暮らしを。

バーのような雰囲気のLDK
天井だけでなく、テレビボード下に施された間接照明やアクセントウォールを照らすダウンライトが空間を温かく包み込む
廊下から扉を開けると開放的なキッチンがのぞく
リビング側から見たダイニング・キッチン
キッチン側から見たリビング
キッチン側から見たリビング
玄関を入るとすぐにオブジェが目に入る
廊下は白のフローリングとは対照に、壁面はダークグレーで締まった印象に
広々としたモダンな洗面
グレーのタイル張りの浴室は高級感あふれる空間に
木目が特徴的な作り付けの書棚と机
キッチンから見たLDK,大きな窓全体にはプリーツスクリーンを採用
光に包まれた高級感のあるキッチン・リビング空間
バーのような雰囲気のLDK
天井だけでなく、テレビボード下に施された間接照明やアクセントウォールを照らすダウンライトが空間を温かく包み込む
廊下から扉を開けると開放的なキッチンがのぞく
リビング側から見たダイニング・キッチン
キッチン側から見たリビング
キッチン側から見たリビング
玄関を入るとすぐにオブジェが目に入る
廊下は白のフローリングとは対照に、壁面はダークグレーで締まった印象に
広々としたモダンな洗面
グレーのタイル張りの浴室は高級感あふれる空間に
木目が特徴的な作り付けの書棚と机
キッチンから見たLDK,大きな窓全体にはプリーツスクリーンを採用
光に包まれた高級感のあるキッチン・リビング空間

Data

家族構成
夫婦
構造
SRC造
延床面積
81.13m²
施工面積
81.13m²
築年数
4年
施工内容
全面改装
改装後間取り
2LDK
2022.08.01公開

お客様のご要望・リフォームポイント

  • こだわりのバーラウンジのような空間
  • オブジェが特徴的なエントランス
  • お酒を楽しむ
  • スタイリッシュなモダン空間
  • バーのような雰囲気のLDK キッチンから見たLDK,大きな窓全体にはプリーツスクリーンを採用

    デザイン性にも機能性にも優れた住まいで、寛ぎの毎日を

    人情が厚く親しみやすい街の雰囲気が気に入って、ここで暮らしたいと考えたお施主様ご夫婦。イメージ通りの住まいを実践するため、当初から中古を買ってリフォームすることを決めていました。間取りや部屋の位置、数はほとんど変えず、すべてのインテリアを一新。特にこだわったのはリビング・ダイニングでした。訪れたゲストとゆったりとお酒を飲めるような、開放的でスタイリッシュな空間を要望していたので、キッチンをクローズからオープンへ。ダイニング側と廊下側で分断されていたリビング・ダイニングが、都心の眺望を楽しめる開放的なワンフロアへとグレードアップしました。既存の床のフローリングには、愛犬のために、舐めても無害な滑り止めを。ダイニングとリビングの間に残る、幅約1.5メートルの大きな2本の柱には、それぞれブラックミラーと天然石を貼って、インテリアの一部に。また、埋め込み型のエアコンや間接照明などを選ぶことで、室内は凸凹のないスッキリとした印象になっています。
    キッチンカウンターの向こう側がダイニングスペース、左側が13畳大の広々としたリビングスペース。リビング・ダイニング双方の窓から、東京臨海部の街並みが一望できる。ダイニングはゲストと一緒にゆったりとお酒が楽しめる、一流ホテルのようなバースペースに。

  • 天井だけでなく、テレビボード下に施された間接照明やアクセントウォールを照らすダウンライトが空間を温かく包み込む

    リビング側の大きな壁に天然石を用いた壁用石材を貼って、陰影のある表情豊かなアクセント・ウォールが完成。中央に大画面の薄型テレビを置き型に設置。テレビボード台輪部分はステンレス貼り。収納下部に照明を設置しているためステンレスに映りこみ、テレビボードが浮いているような美しい印象。左上側にワイングラスやショットグラスを収納する飾り棚を設置。白いシェードの向こう側のベランダから、風が通り抜ける快適空間に。

  • 廊下から扉を開けると開放的なキッチンがのぞく

    リビング扉を開くと廊下側にも外の光が差し込む。キッチンの壁をなくして扉の位置を変えることでLDKの開放感がアップ。扉を開くと、キッチンのカウンター越しに都心らしい風景が目に飛び込んでくる。

  • リビング側から見たダイニング・キッチン

     

    ダイニングとリビングの床材は既存のフローリングを生かして、キッチンスペースのみタイル貼りに貼替た。キッチンにあわせて非常に綺麗に貼り分けされている。キッチンカウンターは、存在感のある白のシーザーストーン貼りに。カウンター右側奥は、上部がパントリーと愛犬グッズが収められた収納棚、下部は愛犬のトイレスペース。愛犬用のトイレは床と同じ大判タイルを貼ることで清掃性を向上しています。

  • キッチン側から見たリビング キッチン側から見たリビング

    リビングの大きな柱2本を、インテリアの一部として馴染ませた。ブラックミラーを貼った右側の柱は窓の風景とソファの一部が映り込み、圧迫感を感じさせない。

  • 玄関を入るとすぐにオブジェが目に入る

     

    玄関ホール正面の壁に高級感のある大理石調の大判タイル貼りを貼り、存在感のあるオブジェを配して、個性的な空間に。既存の扉にダイノックシートを貼り、クロスだった壁は突板貼とすることで色を統一し一体感を持たせた。トイレやシューズインクローゼットの扉が目立たず玄関正面のオブジェを引き立たせている。

  • 廊下は白のフローリングとは対照に、壁面はダークグレーで締まった印象に

    廊下の側面がダークカラーなため、フローリングは特注色のホワイトアッシュにして、スッキリと軽快な空間に。

  • 広々としたモダンな洗面

    リビングや玄関の雰囲気に合わせて、洗面室も模様替えを。洗面ユニットの骨組みはそのままに、カウンター、洗面ボール、扉の表面を一新。さらに、モザイクタイルやダウンライトで、シックな空間を演出した。

  • グレーのタイル張りの浴室は高級感あふれる空間に

     

    浴室はシステムバス。壁に大判のグレー系タイルを貼ることでグレード感を演出。強化ガラスドアやオーバーヘッドシャワー付きで快適なリラックス空間。

  • 木目が特徴的な作り付けの書棚と机

    お施主様ご夫婦が仕事をされる書斎。書棚と机は、部屋に合わせて大ぶりのものをという要望から、既製品ではなく造り付けをセレクト。平日から週末までフル活用できる快適な空間になった。井桁に組んだような楽しい本棚と幅の広い机。廊下に面する扉は廊下側と書斎側でシートの色を変えてそれぞれの空間になじませている。

  • 光に包まれた高級感のあるキッチン・リビング空間

    ホテルのバーラウンジのような空間で、お客様をおもてなし

    リフォーム前のキッチンは独立型で、隣にあるストックルーム(納戸)へのアクセスも不便だったので、キッチンの壁をなくしてフルオープン型に変更しました。廊下側の扉を開けると、キッチン越しに東京臨海部の街並みが見えるようになって、一体化したリビング・ダイニングは、一層開放感の溢れる空間となりました。キッチンシンクの上部に造られたスケルトンの吊り戸棚には、お二人の大好きな洋酒のボトルを。ホテルのバーラウンジのような空間で、お客様をおもてなしできるようになりました。天井の梁を利用した間接照明や、アクセント・ウォールを照らすスポットライトも、お酒が楽しめる寛ぎのひとときを演出しています。中でも収納ユニット下部に設置された照明は、床から棚までの蹴込み板にステンレスを使うことで、シャープで美しい光の造形を生み出しています。資産価値を高めるリフォームで、お施主様ご夫婦の快適な暮らしが実現しているのです。

間取り図

BEFORE | 間取り図
AFTER | 間取り図

お施主様

リフォーム会社3社の中でも、デザイン性・機能性に優れていて、コストパフォーマンスが高いと感じたのが三井のリフォームさんのプラン。事前のヒアリングが丁寧で、私たちのイメージする生活について親身に考えてくれたので、ワクワクしながら打ち合わせをしていました。工事中は途中経過を随時連絡してくれるなど、女性プランナーならではの細やかな配慮も嬉しかったです。今はゲストを招いて、リビングから見る夜景と、バースペースでのお酒を楽しんでいます。書斎以外は床に滑り止めのコーティングをしているので、14歳になる愛犬も以前より元気に走り回るようになったことが嬉しいです!

  • リフォームプランナー野村 亜由美

    最初は、それほど大掛かりなリフォームを考えていなかったお施主様ご夫婦でしたが、私たちの提案を聞くうちに「イメージが膨らんだ」とおっしゃって、多くのプランを受け入れてくださいました。インテリアデザインはグレイッシュなイメージに統一。間取りそのものは変えず、仕上げの天然石や突板、バリエーション豊富な印刷化粧フィルム、間接照明などを効果的に使うことでスタイリッシュにまとめ、都会的で落ち着いた雰囲気を完成させました。

2022.08.01公開

相談
無料

世界でたったひとつの空間を作り上げることで、
ワンランク上の暮らしを実現いたします。

お電話でのお問合せ

お気軽にご相談ください
0120-73-3131

その他のリノベーション実例