診療科目に合わせた適切なリフォームを400件を超える実績と多くのノウハウでドクターのご要望にきめ細やかに対応いたします。

診療科目別のポイント

各空間のリフォームポイントは、診療科目によって独自の対応が必要な反面、すべての科目に共通することも多くあります。
したがって、ここでは共通の多い空間についてポイントをご紹介しています。

内科

POINT

  • ・処置室の一部をパーティションで仕切って個室風にする。
  • ・診察室と処置室を隣接し、通路で結ぶ。
  • ・診察室を2室設け、交互に使って時間短縮につなげる。
  • ・廊下などを利用して中待合いを設けることで、患者さんの心理的負担を軽減する。
  • ・処置室は広いオープンな空間にする。

内科は、風邪のはやる時期などに患者さんが集中し、普段でも他科に比べて患者数が多い科目です。したがって、できるだけ患者さんを長く待たせずに、合理的に診療が行えるプランにすることが大切です。

内科のイメージ

一覧に戻る

小児科

POINT

  • ・外観から院内のインテリアまで、親しみやすいイメージづくりが望まれる。
  • ・内装の色はできるだけおだやかなものが向く。
  • ・子供には必ず付き添いがいるので、待合室は広めとし、椅子も多めに。
  • ・安全対策は万全に。

小児科のイメージ

一覧に戻る

ページトップヘ ひとつ前のページへ