患者さんが医院を選ぶ時代を迎えて適切な時期に的確なリフォームを医療機器の導入計画、院内動線やデザインなどを総合的にご提案します。

院内空間別のポイント

各空間のリフォームポイントは、診療科目によって独自の対応が必要な反面、すべての科目に共通することも多くあります。
したがって、ここでは共通の多い空間についてポイントをご紹介しています。

アプローチ・出入り口

POINT

患者さんが入りやすい雰囲気づくりを

アプローチは、安全性の確保を前提に、原則としてスロープと手すりが必要です。また、最近は下足のまま出入りするスタイルが増えています。スリッパの共用による院内感染を防ぎ、履き物の履き違いもなくなり、スリッパや下足の収納が不要になるといった利点があります

アプローチ・出入り口のイメージ

アプローチ・出入り口のイメージ

駐車場、アプローチは道路から段差を無くし、手すりも完備。

アプローチ・出入り口のイメージ

「女性の患者さんが気軽に入れる医院」をイメージしたエントランスは、サインも優しく華やか。

一覧に戻る

待合室

POINT

開放感溢れる印象的な空間に

待合室は“医院の顔”ともいえる場所です。直接、診療に関係しない空間ですから、大胆な吹き抜けを設けるなどインパクトのあるデザインで、印象深い空間に仕立て上げたいところです。広さは1日の患者数を予測して決めることになりますが、20~30m2(12~18畳)程度が一般的です。椅子は、玄関と対面しないように配し、できれば患者さん同士の視線が正対するのも避けたいところです。

待合室のイメージ

待合室と受付。受付の壁はチェリー材の突き板パネル、カウンターは石目調。その他の内装仕上げも吟味して、落ち着いた雰囲気を演出。

待合室のイメージ

受付付近はフロントのよう。ピンクのソファ、カウンターの木目、間接照明などあたたかな印象を与える。

一覧に戻る

ページトップヘ ひとつ前のページへ