競合歯科医院との差別化や集患力向上を図るためにデンタルクリニックリフォームの
事例をご紹介時代の新たなニーズを的確にとらえて成功した歯科医院リフォームの事例をご紹介します。時代の新たなニーズを的確にとらえて成功した歯科医院リフォームの事例をご紹介します。競合歯科医院との差別化や集患力向上を図るためにデンタルクリニックリフォームの事例をご紹介

  • 杉江歯科
  • 武田歯科医院
  • 石川歯科医院
  • 長坂歯科
  • 大石歯科クリニック
  • 永盛歯科クリニック

CASE03

石川歯科医院 神奈川県横浜市泉区 2007年9月竣工

院長 石川 基先生

より質の高い診療を提供するためにリフォームで新築並みのグレードアップを実現

Story

既存の建物は医院併用の二世帯住宅。1階はお父様の歯科医院とご両親の住居でしたが、石川先生が診療に加わることになって1階全体を医院に改装することになりました。
ご要望は、診療ユニットを4台置き、診療室は基本的にプライバシーを保持できる半個室とし、うち1室は手術や特別な診療に対応させるため完全な個室になるようにすること。
同時に、院内の動線を整理し、収納の充実を図ることや、健康の維持や美容に敏感な中高年の女性の心を捉えるような雰囲気にすることも課題に挙げられました。
これらの課題を全面的にクリアした新生医院は、「リフォームでよくここまでできた!」と先生も感心されたほどの出来栄え。外壁面にL字形に配した診療室は2室がパーティションで仕切った半個室。1室は完全個室とし、もう1室は院長室内にスペースを確保。既存の窓を活かし、通路側の間仕切り壁にも開口やスリット、フィックス窓をとることによって明るく開放感のある空間が実現しました。また、受付、 事務室、準備コーナーを内側にまとめることで患者さんとスタッフの動線が機能的に分離され、適所に充実した収納スペースも確保でき、先生やスタッフの働きやすい環境が整備されました。パーティションや間仕切り壁、準備コーナーのカウンター等に採用されたアールのデザインがシックでモダンな雰囲気を醸し出し、患者さんの評判も上々とのことです。先生は、こうした的確かつ斬新なデザイン力とともに、ツーバイフォー建築の構造を熟知した確かな設計力も高く評価してくださいました。

Data

構造 ツーバイフォー工法
工期 2.5ヶ月
リフォーム面積 93.00㎡

拡大して見る

Comment

福井 清明

今後の診療方針に則って、診療環境を整備

福井 清明 保険内か外か、診療の方向性の二極化が進むなか、先生が選ばれたのは保険外を中心に一人一人の患者さんに丁寧に対応していくことでした。今回のリ フォームはその環境を整えることが主眼であり、医院の大幅なグレードアップに留まらず、診療体制のIT化などにも積極的に取り組まれた先生。その熱意に応えるため、私たちも総力を結集しました。

一級建築士 石井 真琴

診療の質の高さを、空間構成やデザインで表現

一級建築士 石井 真琴 先生が提示されたすべてのご要望の根底にあったのは「より質の高い診療を提供したい」という想い。デザインにも造詣の深い先生と入念に検討を重ね、医院としての機能の充実を基本に、素材やデザインにも工夫して上質な空間づくりを心がけました。

ページトップヘ ひとつ前のページへ