三井のリフォーム

部位別デザインリフォームなら
三井のリフォーム

  • 資料請求
  • ご相談・お見積り

戸建て&マンション部位別デザインリフォーム

3

外壁リフォームで重視すべき?!
塗料の種類とメリットとは?

外壁は家全体の外観を美しく見せるために重要なものです。
そんな外壁リフォームではどのような点を重視すればよいのでしょうか。

外壁リフォームで重視したい!女性が選ぶポイントとは?

今回、既婚女性を対象に、外壁リフォームを行う際にもっとも重視したいポイントはどこなのか?というアンケートを実施しました。

1.耐久性

アンケート結果でもっとも多かった回答が耐久性です。リフォームの中でも外壁工事は面積が広い分、費用が高くつく傾向があります。そのため、「高い金額を出してリフォームをするのだから長い間持ってほしい」という意見が多く見受けられました。また、外壁はメンテナンスも必要になってくるものではありますが、耐久性があればそれだけメンテナンスの回数も抑えることができるため、維持費という面でもお得になるというのが大きな理由のようです。耐久性が低いと維持にお金がかかってきてしまうため、初めにある程度の費用をかけても長期的に見てリーズナブルに押さえたいという人におすすめです。

2.色・デザイン

耐久性という回答に続いて多かったのが色やデザインです。耐久性も大事だけど、色やデザインが自分の満足いくものでなければそもそも住みたいという気持ちが起きないため、必須条件であると回答する人が多くいました。自分のイメージと違った外壁になってしまえば、家全体のイメージに影響が出てきます。せっかく費用をかけて外壁リフォームをしても、自分の好みの外観にならないのでは意味がありません。また、周囲の家との調和を図るという意味でも色やデザインにこだわる人は多いようです。独自性やオリジナリティを重視したいという人もいるでしょうが、それよりも周りとの調和を図りながら自分のお気に入りの外観を実現したいという人におすすめです。

3.メンテナンスのしやすさ

3番目に多かった回答がメンテナンスのしやすさです。外壁は雨などにさらされているため、時間の経過とともにどうしても汚れが目立ってきてしまいます。外壁がはがれてきてしまった場合などには専門の業者に入ってもらうしかありませんが、ある程度のメンテナンスであれば自分でするのが一般的です。この際に、メンテナンスがしにくいと結局業者に頼むことになってしまうため、費用がかさむという意見が多いようです。大掃除などで外壁の掃除をする場合にも、汚れが落ちやすい素材だと非常に楽で、時間とお金の節約になります。手をわずらわせずに外壁をきれいに維持したいという方におすすめです。

外壁リフォームで選ぶべき塗料とそれぞれのメリット

外壁にはさまざまな塗料が用いられます。その種類によって特徴やメリットが異なりますので、自分の理想に近い塗料を選ぶようにしましょう。

1.アクリル系塗料

アクリル系塗料はアクリル系合成樹脂を主成分として作られた塗料のことを指します。この塗料の特徴はなんといっても価格の安さです。また、発色も非常に良く、色鮮やかな外壁を実現してくれます。ただし、耐久性が弱く、およそ平均で6~8年単位での張り替えが必要です。以前は外壁塗料として主流だったアクリル系塗料ですが、この耐久性の低さから近年ではあまり用いられなくなってしまいました。それであっても、発色の良さなどは他に比べ優れていることから、屋内の壁紙などには現在も頻繁に利用されています。また、透湿性が高いため、天井や屋根リフォームなどにも利用されています。

2.ウレタン系塗料

ウレタン系塗料はウレタン系樹脂を主成分とした塗料を指します。この塗料の特徴はその柔軟性です。塗料自体が柔らかく、密着性に優れているため、どのような場所でも適応する万能塗料として有名です。このほか、耐久性や耐水性などにも定評があり価格も平均的で、全体的なバランスの良さから一時期は外壁塗料の主流でもありました。ただし、仕上がりに光沢が出る一方で、変色しやすいという点がデメリットであるといわれています。

3.シリコン系塗料

シリコン系塗料はアクリル系塗料の一種です。この塗料の最大のメリットは耐久性の高さでしょう。現在存在する塗料の中でも群を抜く耐久性を誇り、そのコストパフォーマンスは他の塗料と比べて圧倒的です。また、シリコン系塗料には専用のコーティング加工を施すことができます。この加工を施すことによって、汚れをはじき、いつまでも塗りたての美しさが保たれるのです。現在は外壁リフォームのみならず、屋根リフォームなどでも頻繁に用いられている塗料です。

4.フッ素系塗料

フッ素系塗料は航空機の外壁にも用いられていることで有名な塗料です。特徴は耐候性で、変色や変形が起こりにくい塗料です。また、耐熱性も優れており、外気温などの影響を受けない塗料なので気温の変化の激しい地域には向いているといわれています。しかし、建物の劣化とともにひび割れなどを起こす可能性があるため、住宅への採用は少ないようです。現在は住宅への採用は少ないものの、今後は塗料の改良などが加えられることによって住宅への外壁塗料としても普及していくと考えられています。

屋根リフォームもセットにすることがオススメ!

外壁リフォームを行う際には屋根リフォームも同時に行うことをおすすめします。外壁と屋根をセットで行うことで新築同様の外観と機能性を手に入れることができます。屋根と外壁のセットプランもあるため、非常にお得にリフォームを行うことが可能です。

外壁リフォーム実例

外壁リフォームを実際に行う前に、自分のイメージと完成形がマッチングしているかどうか実例を見ながら確認することが大切です。複数の実例から自分のイメージと近いものを探してみましょう

外観と内観をトータルコーディネート

ダークブラウン×ベージュ×グリーンを基調としたシンプルでモダン

全国で展開 たいせつなことが、みえてくる まずはリフォーム体感スペースへ

三井のリフォームでは総合ショールーム機能を備えたコンサルティングサロン施設(一部除く)をはじめ、住宅総合展示場内でのリフォームプラザ、実際のマンションの1室をリノベーションした最新の提案型スマートリフォームモデル(北参道)などさまざまな「体感スペース」をご用意しています。

「リフォームでどこまでできる?何が出来る?」というお客様の疑問を解決! リフォーム後の暮らしのイメージを具体的に感じていただけるいろいろなご提案、アイデアも豊富です。
”たいせつなことが、みえてくる”三井のリフォーム「リフォーム体感スペース」ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

  • 三井のリフォーム コンサルティングサロンリフォームプラザ
  • 新宿コンサルティングサロン
  • 青山コンサルティングサロン
  • 目黒コンサルティングサロン
  • 大阪コンサルティングサロン