患者さんが医院を選ぶ時代を迎えて適切な時期に的確なリフォームを医療機器の導入計画、院内動線やデザインなどを総合的にご提案します。

医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」で理想の医院を実現された事例をご紹介します。

三井のリフォームがご提案するのは、医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」。
内外装や設備のリフォームは、競合医院との差別化や集患力向上などを考慮して、単なる修繕・補修に終わらず、地域性や患者さんのニーズを的確にとらえたご提案を行います。また、医療機器・設備の導入計画や院内動線などについては、医院の状況やドクターの診療方針などをじっくりうかがい、コンサルティングしながら、法令遵守を基本に、将来も視野に入れた適切なご提案を実践しています。
ここには、よりよい診療環境を求めて、あるいは医院承継、診療科目の追加・変更、新規開業などを契機にリフォームをお考えのドクターのために、24の「メディカルリフォーム」成功例をご紹介しています。

  • 福田医院
  • 今井内科クリニック
  • O内科クリニック
  • 伊藤内科
  • 中村医院
  • ひまわりファミリークリニック
  • 中沢内科
  • すずか小児科・皮ふ科クリニック
  • 山内クリニック
  • 江戸川橋鈴木クリニック
  • 中山クリニック
  • こだま診療所
  • 若葉クリニック
  • かとう整形外科クリニック
  • 矢倉整形外科クリニック
  • ほり整形外科クリニック
  • 満尾医院
  • 佐藤眼科医院
  • 深沢皮フ科
  • 中村皮ふ科医院
  • キネマARTクリニック
  • 曙橋レディースクリニック
  • はなおかレディースクリニック
  • みやぎしレディースクリニック
  • おおすみ医院
  • 髙田クリニック
  • 銀座すみれの花 形成クリニック

CASE01

山内クリニック

  • 内科
  • 耳鼻咽喉科

内科医院の承認に伴い耳鼻咽喉科を新設 全面改装でおしゃれなクリニックに変身

Story

山内クリニックは4階建のオーナービルの1階にあります。2階から上は賃貸住宅で、1階の約3分の1は住居スペース。以前はここをスタッフルームに使用していましたが、山内先生がお父様から医院を承継するにあたり奥様も耳鼻咽喉科医として診療に加わることになり、1階全体を医院に改装する計画が立てられました。
フロアは長辺が短辺の3倍以上もある細長い形状。その長さを利用して、道路に近い位置に待合室を設け、受付と診療空間は奥に向けて一列に並べるプランが構築されました。問題は、科目の異なる2つの診察室をどこに配置するか。当初は一番奥の2面採光が可能なコーナーを耳鼻咽喉科の診察室にする案も検討されましたが、「ネブライザーの管理などスタッフのサポートが多く必要な耳鼻咽喉科は受付に隣接させて効率的に動けるようにしたい」という奥様のご要望から現在のレイアウトが採用されました。
内科の診察室は共用の処置室をはさんで奥側に配置。待合室やX線室も共用とし、トイレも男女兼用と合理化できる部分は徹底的に合理化を図る一方、待合室を広くとり廊下幅を1m確保して科目別に中待合を設けるなど必要な部分には十分にスペースをさいた巧みな設計によって使い勝手が向上。特に、以前は錯綜していた患者さんとスタッフの動線が完全に分離されたため「動きやすくなった」とスタッフは大喜び。患者さんの中には快適な院内が気に入って、帰りがけにスタッフとおしゃべりを楽しんでいかれる方も多いとか。大先生とご夫妻による充実した診療態勢も評判を呼び、改築後は新しい患者さんが徐々に増えているとのことです。

Data

構造 S造
工期 2.5ヶ月
リフォーム面積 100.00㎡

拡大して見る

Comment

岡本 淳

経験を生かした的確な対応が、当社の信条

岡本 淳 数社の候補の中から当社を選ばれた理由として先生は、現状を詳細に検討してプランニングをしたことを挙げてくださいました。その期待に応えるため、細かな部分にも細心の注意を払いましたが、竣工後、出来栄えにも満足していただくことができ、担当者として大変うれしく思っています。

一級建築士 菅野 照美

ポイントは、長い動線を短く感じさせる工夫

一級建築士 菅野 照美 細長い形状の建物では、エントランス・待合室から各診察室への動線が長くなりがちです。そこで患者さんがその距離感をできるだけ感じずに、スムーズに移動できるように、それぞれの診察室近くに中待合を設けたり、間接照明で廊下にも表情をもたせるなど、設計・インテリアの両面から工夫しました。

ページトップヘ ひとつ前のページへ