患者さんが医院を選ぶ時代を迎えて適切な時期に的確なリフォームを医療機器の導入計画、院内動線やデザインなどを総合的にご提案します。

医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」で理想の医院を実現された事例をご紹介します。

三井のリフォームがご提案するのは、医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」。
内外装や設備のリフォームは、競合医院との差別化や集患力向上などを考慮して、単なる修繕・補修に終わらず、地域性や患者さんのニーズを的確にとらえたご提案を行います。また、医療機器・設備の導入計画や院内動線などについては、医院の状況やドクターの診療方針などをじっくりうかがい、コンサルティングしながら、法令遵守を基本に、将来も視野に入れた適切なご提案を実践しています。
ここには、よりよい診療環境を求めて、あるいは医院承継、診療科目の追加・変更、新規開業などを契機にリフォームをお考えのドクターのために、24の「メディカルリフォーム」成功例をご紹介しています。

  • 福田医院
  • 今井内科クリニック
  • O内科クリニック
  • 伊藤内科
  • 中村医院
  • ひまわりファミリークリニック
  • 中沢内科
  • すずか小児科・皮ふ科クリニック
  • 山内クリニック
  • 江戸川橋鈴木クリニック
  • 中山クリニック
  • こだま診療所
  • 若葉クリニック
  • かとう整形外科クリニック
  • 矢倉整形外科クリニック
  • ほり整形外科クリニック
  • 満尾医院
  • 佐藤眼科医院
  • 深沢皮フ科
  • 中村皮ふ科医院
  • キネマARTクリニック
  • 曙橋レディースクリニック
  • はなおかレディースクリニック
  • みやぎしレディースクリニック
  • おおすみ医院
  • 髙田クリニック
  • 銀座すみれの花 形成クリニック

CASE05

若葉クリニック

  • 心療内科

2つのスムーズな動線を確保し 患者さんが安らげる雰囲気を演出

Story

クリニックに勤務されていた先生は、独立するにあたり、さまざまな物件を検討。最終的に三井のリフォームがご紹介した商業ビルを気に入られ、そこで開業を果たされました。先生のご要望は「心療内科として、明るく親しみやすいクリニックにしたい」ということ。そこで、インテリアは、全体は白をベースにして広がりを感じさせながら、気持ちをなごませるグリーンをポイントカラーにしています。さらに、「患者さん同士の動きが交差しない動線を」というご要望には、診察の流れを踏まえたうえで、中待合を通路から見えにくい場所に設けるなどの工夫をし、対応しています。また、スタッフ用に作業のしやすい裏動線も確保しました。
「短い工期にも関わらず、お願いした要望がすべて叶い、実際にとても診療しやすく、自分が想像していた以上のクリニックになりました。クリニック全体に採用した間接照明も、高級感があってたいへん気に入っています」と先生は語ってくださいました。

Data

構造 RC造
工期 約1カ月
リフォーム面積 69.80㎡

拡大して見る

Comment

一級建築士 石井真琴

機能的なゾーニングで患者さんもスタッフも動きやすい医院を実現

一級建築士 石井真琴

クリニックの中心に受付と診察室を据え、問診・処置室、カウンセリング室をその左右に配置し、常時4名が勤務するスタッフの方々が、作業上の連絡を取りやすいように各室を裏動線で結ぶプランとしています。70m²という限られたスペースのなかで、患者さんとスタッフのための動線をそれぞれに確保できたのは、こうした機能的なゾーニングの結果だと思います。また、心療内科は精神的にデリケートな部分に関する診療科目なので、患者さんが安らげる空間になるよう心がけました。動線の関係で診療室は窓がなく南側の開口部がある場所はスタッフルームとしています。

ページトップヘ ひとつ前のページへ