患者さんが医院を選ぶ時代を迎えて適切な時期に的確なリフォームを医療機器の導入計画、院内動線やデザインなどを総合的にご提案します。

医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」で理想の医院を実現された事例をご紹介します。

三井のリフォームがご提案するのは、医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」。
内外装や設備のリフォームは、競合医院との差別化や集患力向上などを考慮して、単なる修繕・補修に終わらず、地域性や患者さんのニーズを的確にとらえたご提案を行います。また、医療機器・設備の導入計画や院内動線などについては、医院の状況やドクターの診療方針などをじっくりうかがい、コンサルティングしながら、法令遵守を基本に、将来も視野に入れた適切なご提案を実践しています。
ここには、よりよい診療環境を求めて、あるいは医院承継、診療科目の追加・変更、新規開業などを契機にリフォームをお考えのドクターのために、24の「メディカルリフォーム」成功例をご紹介しています。

  • 福田医院
  • 今井内科クリニック
  • O内科クリニック
  • 伊藤内科
  • 中村医院
  • ひまわりファミリークリニック
  • 中沢内科
  • すずか小児科・皮ふ科クリニック
  • 山内クリニック
  • 江戸川橋鈴木クリニック
  • 中山クリニック
  • こだま診療所
  • 若葉クリニック
  • かとう整形外科クリニック
  • 矢倉整形外科クリニック
  • ほり整形外科クリニック
  • 満尾医院
  • 佐藤眼科医院
  • 深沢皮フ科
  • 中村皮ふ科医院
  • キネマARTクリニック
  • 曙橋レディースクリニック
  • はなおかレディースクリニック
  • みやぎしレディースクリニック
  • おおすみ医院
  • 髙田クリニック
  • 銀座すみれの花 形成クリニック

CASE08

中沢内科

院長 中澤 茂雄先生

  • 内科

勤務医時代の診療の流れを踏襲し 動きやすく快適な医院を創造

Story

お父さまから医院を承継するにあたり、医院の全面改装を検討された先生。医院の裏側に三井ホームで建てたご自宅の出来映えに満足されていたことから、医院の改装も三井のリフォームにお任せくださいました。
院内は、待合室、X線室、出入り口などの位置はそのままに、出入り口に風除室を設け、新たに人間ドック(健康診断)専用の待合室や広いリハビリテーション室を新設。新たに加わったこれらのスペースを待合室と直結し、患者さんの動線が交差しないように配慮しています。また、一般診療部分については、先生の勤務医時代の診療の流れを踏襲。
患者さんは待合室から中待合を経て診察室に進み、診療・処置を済ませた後は別のルートで待合室へ戻るという回遊動線を採用することで、スムーズな動きを実現しています。内装、建具などはすべて一新。
ポイントカラーのピンクをはじめ、人間ドック専用待合室のインテリアも先生の好みに合わせてコーディネートしています。
ホテルのように快適で、医院としての機能も充実した医院は、患者さんにも大好評で、とくに人間ドックは予約が殺到しているとのことです。

Data

構造 RC造
工期 約1ヶ月
リフォーム面積 252.00㎡

拡大して見る

Comment

一級建築士 青木慶子

プランもインテリアも先生のご意見を重視してホテルのように快適に

一級建築士 青木慶子

先生は、これまでのご経験から診療に対して明確なお考えをおもちだったので、そのご意向をできるだけ活かせるよう努力しました。プランのポイントは、一般診療、リハビリ、人間ドック、それぞれの患者さんの動線の整理と、一般診療の回遊動線の実現です。先生はインテリアに関する好みも明快で、とくに人間ドック専用の待合室のつくりにはこだわられ、クラシカルなテイストで統一し、ゆったりとくつろげる空間としています。その他のスペースは、先生がお好きなピンクをポイントカラーに木の質感をプラスして明るくやさしいイメージを創出。先生がとくにこだわられた受付は、ホテルのフロントをお手本に、カウンター下に間接照明を採用し、優雅さが漂う上質なインテリアとしています。

ページトップヘ ひとつ前のページへ