患者さんが医院を選ぶ時代を迎えて適切な時期に的確なリフォームを医療機器の導入計画、院内動線やデザインなどを総合的にご提案します。

医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」で理想の医院を実現された事例をご紹介します。

三井のリフォームがご提案するのは、医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」。
内外装や設備のリフォームは、競合医院との差別化や集患力向上などを考慮して、単なる修繕・補修に終わらず、地域性や患者さんのニーズを的確にとらえたご提案を行います。また、医療機器・設備の導入計画や院内動線などについては、医院の状況やドクターの診療方針などをじっくりうかがい、コンサルティングしながら、法令遵守を基本に、将来も視野に入れた適切なご提案を実践しています。
ここには、よりよい診療環境を求めて、あるいは医院承継、診療科目の追加・変更、新規開業などを契機にリフォームをお考えのドクターのために、24の「メディカルリフォーム」成功例をご紹介しています。

  • 福田医院
  • 今井内科クリニック
  • O内科クリニック
  • 伊藤内科
  • 中村医院
  • ひまわりファミリークリニック
  • 中沢内科
  • すずか小児科・皮ふ科クリニック
  • 山内クリニック
  • 江戸川橋鈴木クリニック
  • 中山クリニック
  • こだま診療所
  • 若葉クリニック
  • かとう整形外科クリニック
  • 矢倉整形外科クリニック
  • ほり整形外科クリニック
  • 満尾医院
  • 佐藤眼科医院
  • 深沢皮フ科
  • 中村皮ふ科医院
  • キネマARTクリニック
  • 曙橋レディースクリニック
  • はなおかレディースクリニック
  • みやぎしレディースクリニック
  • おおすみ医院
  • 髙田クリニック
  • 銀座すみれの花 形成クリニック

CASE02

江戸川橋鈴木クリニック東京都新宿区 2007年3月竣工

院長 鈴木 誠先生

  • 内科
  • 人工透析

法令を遵守して専用階段を新設、2フロアの活用で人口透析設備も広々

Story

医院を開業する際は、保健所からの指導など守らなければならないことが多々あります。江戸川橋鈴木クリニックの場合、問題になったのは専用階段の設置です。先生はオフィスビルの3、4階で開業を計画されたのですが、ビルの2フロア以上を使用する診療所は、感染防止のため他の施設と区画された専用の通路(専用階段)を確保することを保健所から指導されます。ところが、先にプランニングを進めていた業者は「とりあえずワンフロアで認可をとればいい」と。
しかし、当社は法令遵守の姿勢を貫き、専用階段を設置することをご提案。先生はその真摯な態度を買って、三井のリフォームにすべてをお任せくださいました。
診療科目は内科ですが、メインは人工透析。3階をそのための専用フロアとし、透析用のベッドを24床配置。ナースステーションから全体が見渡せる開放的な空間としています。4階には一般内科の診療スペースもあるため、免疫力の弱い透析の患者さんと内科の患者さんの動線がなるべく交わらないように、3階への内階段に隣接させた透析患者さんの着替え用ロッカールームとリラクゼーションルームを直接つないでいます。
先生は、こうした設計の工夫も含めて当社の対応を高く評価してくださいました。

Data

構造 SRC造
工期 2ヶ月
リフォーム面積 407.60㎡

拡大して見る

Comment

山本 裕次郎

先生の理想の医療を実現するため、全面的にサポート

山本 裕次郎 開業にあたり、透析の患者さんも元気な状態を維持し、健常な人と同じように寿命を全うできるような医療を提供することを目標に掲げられた鈴木先生。その実現に向けて、設計だけでなく不動産会社やビルのオーナーとの交渉、保健所との折衝など、全面的に開業をサポートさせていただきました。

一級建築士 石井 真琴

先生の想いに応え患者さんが心からくつろげる空間を

一級建築士 石井 真琴 リラクゼーションルームの設置や高水準の医療機器の導入など、先生のご要望はすべて“患者さん本位”のものでした。そんな熱い想いに応えるため、開放的な空間設計、くつろげる雰囲気づくりをポイントとし、法令遵守のため専用階段の新設も併せて提案させていただきました。

ページトップヘ ひとつ前のページへ