1. 総合トップ
  2. お近くの三井のリフォーム
  3. 関西エリアサイト
  4. リフォーム手帖
  5. 家族が集う憩いのダイニング。

リフォーム手帖

家族が集う憩いのダイニング。vol.1-1

マンション 調和を奏でる家 加古川市 天然にこだわった素材たちが気持ちもほっこりさせる。

お住まいのマンションの別棟に約100m²の住戸が売り出されていることを知り、独立された息子さんが将来ご結婚されたのちの、親子近住を見据えてご購入。‘新たな住まい’としてのリノベーションに踏み切られたお客様。リノベーションテーマは「素朴で木の温かみを感じるニュージーランドの家のように本物の質感に触れて暮らすこと。」そして「完成したときが一番輝くのではなく、年月の経過と共に、味わい深く育つ家にする。」そんなお客様のご要望に、間取りとインテリア、素材にこだわったプランニングをしました。
ひとつのお部屋のようにつなげたリビングダイニングキッチン。そこに配置された天然木のダイニングテーブルは、ご家族が集い、食事の時間と会話を楽しめる空間を演出しています。造作キッチンは北海道のカバ材に、ニュージーランドの家と同じ「こだわりの茶」の指定色で塗装。リビングダイニングに敷き詰めた無垢の床材は、冬は暖かく、夏は素足で歩いて心地よい、傷やシミも味となり年数と共に深みを増します。

写真:KITCHEN&DINING

間取図:Befora→After

中古で購入したマンションをスケルトンリノベーション。
一から創りあげた‘こだわり’ひとつひとつが調和を奏で、暮すほどに心地よい空間を演出します。

  • 写真:KITCHEN&DINING お料理を引き立てる天然木のテーブルがお気に入り。
  • 写真:KITCHEN
  • 写真:DINING
リフォームプランナー笑顔のポイント
三富靖子 リフォームプランナー

その昔。日本の一般住宅において、家族が集まる場所を茶の間と呼んでいました。茶の間は居間であると同時に食事をする場所でもありました。
家族が集い、食事を囲み、ゆっくりと団欒する場所は、今も昔も食事の場(ダイニング)が多い様です。今回はL字型のキッチンとダイニングをひとつのお部屋のようにつなげてプランしました。

リフォーム手帖 PDFで見る