リフォームガイド

リフォームとリノベーションに違いはある?意味や種類について解説!

2020.04.10

#マンションリフォーム #成功するリフォームのポイント #戸建てリフォーム

住まいに「新しさ」より「自分らしさ」を求める人が増えた今、中古住宅の機能や価値を高めたり、オリジナリティを出したりして再び暮らすリフォーム、もしくはリノベーションに注目が集まっています。ところで、リフォームとリノベーションという言葉には、明確な違いがあるのでしょうか。
ここでは、リフォームとリノベーションの意味と、その種類について解説します。

リフォームとリノベーションはほとんど同じ意味で使われることが多い

一般社団法人リノベーション協議会では、リノベーションを「中古住宅を現代のライフスタイルに合った住まいによみがえらせること」と定義しています。住まいを全体的に改善して、プラスアルファの価値を与えるという意味合いだといえるでしょう。対してリフォームは、原状回復をして新築の頃の状態に近づける、比較的小規模で限定的な部分の改修というイメージが強いようです。

とはいえ、実際には、どこまでがリフォームでどこからがリノベーションなのかという明確な境界線はなく、法的な決まりもありません。リフォーム会社や建築会社によっても考え方が異なり、一般的な現場ではほぼ同義で使われているといえます。

リフォーム・リノベーションの種類

リフォームを部分的に行う場合、主に「水回り」「内装」「外装」の3ヵ所に分けられます。また、より広範に及ぶ「スケルトンリフォーム」や、「フルリフォーム(フルリノベーション)」という方法もあります。

水回りのリフォーム・リノベーション

水回りのリフォーム・リノベーションの範囲は、キッチン、浴室、トイレ、洗面化粧台など、暮らしの中の水回りに関する機器、器具などに及びます。

具体的には、「対面式のキッチンにしたい」「浴槽と浴室のタイルを新しい物にしたい」「トイレに温水洗浄便座をつけたい」といった目的で水回りのリフォーム・リノベーションは行われます。

内装のリフォーム・リノベーション

フローリングやカーペット、壁紙などの張り替えのほか、間取りの変更も内装のリフォーム・リノベーションの範囲となります。 「はがれたフローリングをきれいに張り替えたい」「子供が独立したので部屋数を減らしたい」「和室を洋室に変えたい」という要望は、内装のリフォーム・リノベーションによって解決されます。

外装のリフォーム・リノベーション

外装のリフォーム・リノベーションは、「外壁にひび割れができたので修復したい」「古い屋根の手入れが大変なので葺(ふ)き替えをしたい」「古くなった外観を塗り替えて見た目をきれいにしたい」といった要望に対し、外壁の塗り直し、アルミサッシや玄関ドアの交換、屋根の葺き替えなどを行います。

スケルトンリフォーム

スケルトンリフォームは、床、壁、天井をすべて取り払って、コンクリートがむき出しになった躯体のみの状態にして行うリフォームです。ゼロから床、壁、天井を作り直すので、間取りから自由に設計することができ、以前の形に縛られない自由な住まいを実現できます。 三井のリフォームには多くのスケルトンリフォームの実績があり、いずれもお客様から高い評価をいただいております。

フルリフォーム(フルリノベーション)

フルリフォーム(フルリノベーション)は、スケルトンリフォームよりも広域のリフォームに使われることが多い言葉です。間取りは変えずに目に見える部分すべて(水回り設備の交換、壁紙全室の張り替え、床全室の張り替え)を新しくする「表層替えリフォーム」もフルリフォームに含まれます。

三井のリフォームが提供する「M-STYLE マンション 全面リフォームパック」も、三井不動産レジデンシャルの新築分譲マンションに採用されている最新設備機器や内装資材を使って、間取りは変えずに時代に合った快適な住まいに生まれ変わらせるフルリフォーム(フルリノベーション)です。

リフォームの際は、事前に目的を明確にしておくことが大切

リフォームとリノベーションは、中古住宅をよみがえらせる手法としてほぼ同義で使われていますが、その内容は多岐にわたります。 「傷んだり劣化したりした一部のみ」「間取りは変えずに全体的に」「間取りからすべて」といったリフォーム・リノベーションの目的は、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

前のページに戻る

ご相談・お見積り

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

資料請求

リフォームの大切なことがよくわかるカタログを差し上げます。

このページの先頭へ