ドクターの医院承継なら三井のリフォームへ 新しい医院に向けてドクターの気がかりを解決していきます

医院承継

医院・診療所を受け継ぎたい、譲りたい...

医院承継2つのタイプ

医院承継には“親子・親族間の承継”と“第三者への承継”があります。
また、医院を承継する場合、診療科目をそのまま引き継ぐ場合と、診療科目を変更する場合があります。診療科目をそのまま引き継ぐ場合でも患者さんも高齢化してくるため、新たな患者さんを獲得していかなければなりません。
診療科目を変更する場合は、新たに診療圏調査が必要になる場合もあります。

医院承継2つのタイプのイメージ

医院承継3つのタイプ

地域環境の変化への対応

  • ・地域内住民の動線の変化
  • ・新住民の増加

診療圏内の年齢層の変化を掴む

  • ・固定化している患者さんの高齢化
  • ・新たなファミリー層への対応

承継される先生の診療科目の違いへの対応

  • ・競合診療所の把握

医院承継メリットデメリット

メリット

  • 1開業のためのコストを低く抑えることが可能である。
  • 2患者さんを引き継ぐことで、事業としてのリスクが低い。
  • 3開業までの準備期間を短くできる。
  • 4スタッフを引き継ぐことも可能である。
  • 5地域で認知されている。

デメリット

  • 1譲る側との承継のタイミングを合わせなければならない。
  • 2目指す医療と承継する診療所の規模やイメージ、
    内容が一致しない場合がある。
医院リフォーム相談デスク
ページトップヘ ひとつ前のページへ