患者さんが医院を選ぶ時代を迎えて適切な時期に的確なリフォームを医療機器の導入計画、院内動線やデザインなどを総合的にご提案します。

医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」で理想の医院を実現された事例をご紹介します。

三井のリフォームがご提案するのは、医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」。
内外装や設備のリフォームは、競合医院との差別化や集患力向上などを考慮して、単なる修繕・補修に終わらず、地域性や患者さんのニーズを的確にとらえたご提案を行います。また、医療機器・設備の導入計画や院内動線などについては、医院の状況やドクターの診療方針などをじっくりうかがい、コンサルティングしながら、法令遵守を基本に、将来も視野に入れた適切なご提案を実践しています。
ここには、よりよい診療環境を求めて、あるいは医院承継、診療科目の追加・変更、新規開業などを契機にリフォームをお考えのドクターのために、24の「メディカルリフォーム」成功例をご紹介しています。

  • 福田医院
  • 今井内科クリニック
  • O内科クリニック
  • 伊藤内科
  • 中村医院
  • ひまわりファミリークリニック
  • 中沢内科
  • すずか小児科・皮ふ科クリニック
  • みながわ内科クリニック
  • 山内クリニック
  • 江戸川橋鈴木クリニック
  • 中山クリニック
  • こだま診療所
  • 若葉クリニック
  • かとう整形外科クリニック
  • 矢倉整形外科クリニック
  • ほり整形外科クリニック
  • 満尾医院
  • 佐藤眼科医院
  • 深沢皮フ科
  • 中村皮ふ科医院
  • キネマARTクリニック
  • 曙橋レディースクリニック
  • はなおかレディースクリニック
  • みやぎしレディースクリニック
  • おおすみ医院
  • 髙田クリニック
  • 銀座すみれの花 形成クリニック

CASE01

髙田クリニック 京都府京都市左京区 2010年7月竣工

院長 高田仁先生

  • 腎臓・泌尿器科

上品なカラーコーディネートが街並になじみ患者さんに安心感と癒しを与える泌尿器科

Story

腎臓・泌尿器の専門医として25年にわたり活躍されていた高田先生。長年、激務が続くなかで「患者さんとじっくり向き合い、自分のペースで診療を行いたい」という想いがつのり、開業を思い立たれました。開業地を探すうち、勤務先で診ていた患者さんが多いエリアに格好の物件が見つかりました。ビルの1階で、上階はマンション。前面は街路樹や中央分離帯の緑が彩りを添える広い幹線道路。周辺は京都市有数の高級住宅街という好立地でもあり、先生はここをリフォームして開業することを決意されました。
ご要望のポイントは、全体のテイストは街並との調和を大切にすること、内装は患者さんの心を落ち着かせるグリーンを基調にすること、そして、患者さんとスタッフそれぞれの動線を確保すること。それに応えて、ファサードは全面をガラスで仕上げ、淡いグリーンのシートを帯状に貼り、濃いグリーンの医院のロゴをポイントに。開放的なつくりと上品な色使いが街の雰囲気にしっくりなじんでいます。院内も、床やカーテンは淡いグリーンでまとめ、ポイントとして受付の壁面や建具に濃いめのブラウンを加えた上品なカラーコーディネート。また、親しみやすさを演出するため、外に向けて観葉植物を飾ったりお知らせを掲示したりできるスペースが用意され、院内には小物などをディスプレイできるよう随所にニッチが設けられています。動線計画も、患者さん用は待合室側に、スタッフ用は診察室を取り巻くように配することで効率的な動きが実現。さらに、診療ゾーン内をカーテンで緩やかに仕切る形が、スタッフの動きをよりスムーズにしています。
ご要望が叶い先生は「地域になじみ、不安を抱えた患者さんも安心して来られるクリニックになりました」と、大満足のご様子です。

Data

構造 SRC造
工期 2ヶ月
リフォーム面積 407.60㎡

拡大して見る

Comment

和田 雅隆

先生のご期待に沿うよう、全員で全力投球

和田 雅隆 髙田先生が当社にリフォームを依頼してくださった理由のひとつに、当社が豊富な実績をもっていることを挙げてくださいました。その期待に応えるべ く、スタッフが一丸となってそれぞれの力を発揮しました。結果として合格点をいただくことができ、大変うれしく思っています。

REO建築計画研究所 一級建築士 柴田 正規

ポイントは安心感を与える内装と、機能的な動線

REO建築計画研究所 一級建築士 柴田 正規 先生がグリーンをテーマカラーに選ばれたのは「患者さんに安心感を」というやさしい思いやりから。その意図に沿って床やカーテンにはさわやかなグ リーンをご提案しました。診療空間の広さは、空間を有効活用できるよう事前に泌尿器科用の医療機器のサイズ等をメーカーに確認して決めています。

医院リフォーム相談デスク
ページトップヘ ひとつ前のページへ