患者さんが医院を選ぶ時代を迎えて適切な時期に的確なリフォームを医療機器の導入計画、院内動線やデザインなどを総合的にご提案します。

医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」で理想の医院を実現された事例をご紹介します。

三井のリフォームがご提案するのは、医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」。
内外装や設備のリフォームは、競合医院との差別化や集患力向上などを考慮して、単なる修繕・補修に終わらず、地域性や患者さんのニーズを的確にとらえたご提案を行います。また、医療機器・設備の導入計画や院内動線などについては、医院の状況やドクターの診療方針などをじっくりうかがい、コンサルティングしながら、法令遵守を基本に、将来も視野に入れた適切なご提案を実践しています。
ここには、よりよい診療環境を求めて、あるいは医院承継、診療科目の追加・変更、新規開業などを契機にリフォームをお考えのドクターのために、24の「メディカルリフォーム」成功例をご紹介しています。

  • 福田医院
  • 今井内科クリニック
  • O内科クリニック
  • 伊藤内科
  • 中村医院
  • ひまわりファミリークリニック
  • 中沢内科
  • すずか小児科・皮ふ科クリニック
  • みながわ内科クリニック
  • 山内クリニック
  • 江戸川橋鈴木クリニック
  • 中山クリニック
  • こだま診療所
  • 若葉クリニック
  • かとう整形外科クリニック
  • 矢倉整形外科クリニック
  • ほり整形外科クリニック
  • 満尾医院
  • 佐藤眼科医院
  • 深沢皮フ科
  • 中村皮ふ科医院
  • キネマARTクリニック
  • 曙橋レディースクリニック
  • はなおかレディースクリニック
  • みやぎしレディースクリニック
  • おおすみ医院
  • 髙田クリニック
  • 銀座すみれの花 形成クリニック

CASE01

みながわ内科クリニック 神奈川県横浜市栄区 2008年9月竣工

  • 内科

開業7年目でビル内診療所を全面改装二診態勢を整え待合室の混雑を解消

Story

スポーツクラブのあるビルの1階で開業されて7年。内科のほか、皆川先生のご専門である糖尿病や生活習慣病の患者さんも多く、1日の患者数は90?100名に達しました。そのため、先生は常時、医師2名による診療態勢を整える必要に迫られ医師の増員と診察室の増設を計画。それを機に、待合室での患者さんの混雑緩和や、医師・スタッフと患者さんの動線の見直し等を図るため、医院の全面改装に踏み切られました。
プランをまとめるにあたり医院リフォームプランナーは、まず院内での患者さんの動きをシミュレーション。一連の流れがスムーズに行える方法を模索しました。その結果、1面しかない窓に面する空間に着目し、ここに待合室を設けることを前提にプランニングをスタートさせました。さらに、出入り口の右側も待合室とし、間に受付を配置。受付を済ませた患者さんはまず右側の待合室で待ち、一連の検査を受けた後は左側の窓に面する明るい待合室に移動して診察を待つという二方向の流れをつくることで、混雑緩和と動線の整理を実現させています。
診察室2室は受付の奥に共有の検査・処置室をはさんで配置。以前は連絡が悪かった各診療空間は裏動線によって結ばれ作業効率が向上。先生やスタッフの動きは格段にスムーズになりました。また、X線室、緊急時の処置室、面談コーナーなど必要な空間もきちんと整備され、スタッフルームもコンパクトながら快適に過ごせるように配慮されています。
二診態勢と動線の整理により待ち時間が短縮され、患者さんも大満足。シックで高級感あふれるインテリアは、特に若い女性の患者さんに好評とのことです。

Data

構造 RC造
工期 55日間
リフォーム面積 115.82㎡

拡大して見る

Comment

宮田 健矢

工事の進め方に留意して、休診期間を最小限に

宮田 健矢 医院のリフォームは、いかに休診期間を短くするかが大きな課題です。そこで、まず旧スタッフルームを仮診察室として整え、待合室と診察室から工事に着手。その他の工事は診察室完了後、1週間の夏季休暇を利用して集中的に行い、工事のための休診を最小限にとどめました。

一級建築士 新沼美和子

空間の有効利用と大胆な発想で要望をクリア

一級建築士 新沼美和子 同じ広さの空間の中で診察室を1室増やし、待合室も広げることは至難の業でしたが、待合室以外は必要最低限の広さとし、通路にも収納の機能をもたせるなど空間の有効活用を図ることでご要望をクリア。以前の部屋配置にとらわれずX線室も移動するなど、大胆な発想も功を奏したと思います。

医院リフォーム相談デスク
ページトップヘ ひとつ前のページへ