患者さんが医院を選ぶ時代を迎えて適切な時期に的確なリフォームを医療機器の導入計画、院内動線やデザインなどを総合的にご提案します。

医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」で理想の医院を実現された事例をご紹介します。

三井のリフォームがご提案するのは、医院に新しい価値を創造する「メディカルリフォーム」。
内外装や設備のリフォームは、競合医院との差別化や集患力向上などを考慮して、単なる修繕・補修に終わらず、地域性や患者さんのニーズを的確にとらえたご提案を行います。また、医療機器・設備の導入計画や院内動線などについては、医院の状況やドクターの診療方針などをじっくりうかがい、コンサルティングしながら、法令遵守を基本に、将来も視野に入れた適切なご提案を実践しています。
ここには、よりよい診療環境を求めて、あるいは医院承継、診療科目の追加・変更、新規開業などを契機にリフォームをお考えのドクターのために、24の「メディカルリフォーム」成功例をご紹介しています。

  • 福田医院
  • 今井内科クリニック
  • O内科クリニック
  • 伊藤内科
  • 中村医院
  • ひまわりファミリークリニック
  • 中沢内科
  • すずか小児科・皮ふ科クリニック
  • みながわ内科クリニック
  • 山内クリニック
  • 江戸川橋鈴木クリニック
  • 中山クリニック
  • こだま診療所
  • 若葉クリニック
  • かとう整形外科クリニック
  • 矢倉整形外科クリニック
  • ほり整形外科クリニック
  • 満尾医院
  • 佐藤眼科医院
  • 深沢皮フ科
  • 中村皮ふ科医院
  • キネマARTクリニック
  • 曙橋レディースクリニック
  • はなおかレディースクリニック
  • みやぎしレディースクリニック
  • おおすみ医院
  • 髙田クリニック
  • 銀座すみれの花 形成クリニック

CASE01

キネマARTクリニック 東京都大田区 2010年12月竣工

  • 婦人科

L字形の平面など数々の制約をものともせず必要な部屋数を確保し機能的な動線を実現

Story

キネマARTクリニックは、不妊治療、体外受精を主体とした診療を行うクリニックとして2000年に開設。名称の「キネマ」は所在地の映画の町・蒲田にちなみ、ART(Assisted ReproductiveTechnology)は人工授精、体外受精といった生殖補助医療技術を意味します。今回のクリニック移転は、院長先生の「ハード面でもよりよい医療を提供できるよう今後10年を見据えて設備面を充実させたい。同時にスペース等、建築面で患者さんに不便を強いていた点を改善したい」という想いが出発点。移転先は、患者さんの利便性を考え、旧クリニックに近い場所でワンフロアを使えるビルという条件で1年にわたり探して決められた新築ビルの3階です。
本来、このビルはワンフロアを4つのテナントに賃貸することを想定して計画されており、フロア全体を一体に使おうとすると、階段とエレベーターホールにはさまれた狭いスペースに患者さん用・スタッフ用のエントランスを確保しなければなりません。そこで、エレベーターホールの正面に、ガラス面を多用したシースルー感覚の患者さん用出入り口を設けて奥行きをもたせ、スタッフ用の出入り口はサイドに配して動線も明確に分離しています。その他、以前は2室だった診察室は4室とし、狭かった回復室、培養室、スタッフルームなどに広いスペースがさかれ、スタッフと患者さんの動線が交錯せず効率よく動けるように各室が配置されています。
白を基調とした内装は、女性患者中心のクリニックとしてはそっけないほどシンプルな構成ですが、これも「患者さんを尊重しつつ、こびることなく、自然に医院に対する信頼感を醸成できるように」という先生の意図によるもの。清潔な中にセンスのよさが感じられるしつらえは、先生も大いに納得の出来栄えです。

Data

構造 RC造
工期 3ヶ月
リフォーム面積 475.23㎡

拡大して見る

Comment

西川 哲也

ネットワークを活用し、多方面からサポート

西川 哲也 院長先生とはご実家改装時からのおつきあい。今回のクリニックの移転・拡張についても計画の段階からご相談を受け、当社のネットワークを活かして物件探しや資金調達などもサポート。設計・施工を含め、先生の意図する先進の医療を最良の形で実現できるよう尽力しました。

二級建築士 木村 依子

細かな部分まで見直して、難題をクリア

二級建築士 木村 依子 80坪から140坪へと全体の面積は広がりましたが、変則的な平面、アール状の外壁、多くの柱などの制約を受け必要な部屋数・スペースを確保するのは困難でした。しかし、動線を踏まえつつパズルのように部屋を組み合わせ、各部屋のスペースを少しずつ調整することでご要望に応えることができました。

医院リフォーム相談デスク
ページトップヘ ひとつ前のページへ