三井不動産リフォーム株式会社

フリーダイヤル:0120-24-3131 営業時間 10:00〜18:00(水・日曜・祝日定休)

スマートリノベーション

マンションでも「間取りや基本性能の抜本的改善」が 出来ることをご存知ですか?

マンション特有のこのような「お悩み」も「三井のリフォーム」なら解決可能です。

  • (夏)夏は昼間の熱気が夜まで残り暑くて寝苦しい
  • (夏)冷房が効かずに「暑い!」と感じる
  • (夏)キッチンが暑い
  • (冬)暖房をしても足下が寒い
  • (冬)部屋と廊下との温度差が大きい
  • (冬)冬になると北側洋室の窓の結露がひどい
  • (通年)窓を開けても風が抜けない部屋に臭いがこもる
  • (通年)光が届かずうす暗い場所がある
  • (通年)洗面室・浴室に風が通らず空気がこもる
  • (通年)浴室のジメジメやカビが気になる

原因は、部屋数重視の画一的な間取りや通風・採光・動線・断熱性能にあります。

三井不動産リフォームは、住宅の基本性能を根本から改善し、マンションライフを「明るく快適、エコで健康な暮らし」へと進化させる「スマートリノベーション」をご提案します。

マンションは「スマートリノベーション」の時代です。

マンションリフォーム実績No.1の「三井不動産リフォーム」が、「スマートリノベーション」という発想で、またひとつマンションライフの可能性を広げました。自然の力を活かす「パッシブデザイン」の発想のもと、専有部分の基本性能を高め、エコで健康な暮らしをご提案。これからの社会基準であるサスティナブル(持続可能)な住まいと暮らしを実現し、資産としての価値を高めます。

[パッシブデザイン]
通風、採光、動線、断熱性能を見直し、住まいの基本性能を高めて、快適な室内環境を実現します。

陽のあたる場所、風の流れ、さらには機能的な動線などにも配慮して間取りを見直します。同時に外壁や開口部まわりの断熱性能も部材などを見直して改善。自然の力を効果的に活かす設計の工夫により、照明や空調の使用を抑えつつ、夏も冬も快適な室内環境に保ちます。


住まいが明るく快適に劇的に進化!「スマートリノベーション」の実例。

自然の力を活かす設計で、風が変わる、光が生きる。築31年のマンションをスマートリノベーション。

都心立地にこだわりのある40歳のご主人と36歳の奥様のDINKSご夫婦を設定。エコで健康的な生活への意識が高いご夫婦向けに、部屋数重視の暗く閉鎖的な2LDKから心地よい光と風が行き渡る開放的な1LDKへとリノベーション。断熱性能も向上させ、省エネと健康な暮らしを叶える室内環境を実現しました。

Before
  • 建築時の基準で建てられているため、断熱性能が低い
  • 洗面室・浴室には窓がないため、風通しが悪く、暗くジメジメとしている
  • 2つの寝室と独立型キッチンが使いづらい
  • DATA
  • 【築年数】31年
  • 【構造】鉄骨鉄筋コンクリート造
  • 【専有面積】74.34㎡
  • 写真:スケルトン状態(解体後)リフォーム前(リビング・ダイニング)

beforeからafter

After
  • 冬あたたかいサンルーム<温度調整>
  • リビング・ダイニングを中心とした採光・通風プラン<通風><採光>
  • 保水タイルで打ち水効果<温度調整>
  • 明るく風通しのよいキッチン<通風><採光><動線>
  • 1.エネルギーの「見える化」を実現<省エネ>
  • 2.断熱性能の高い窓に変更<断熱>
  • 3.通風建具で光と風を調節<通風><採光>
  • 4.風も人も行き来するウォークスルークロゼット<通風><動線>
  • 5.セカンドドアで冬の冷気をシャットアウト<断熱>
  • 6.暗く狭かった浴室がゆったり「ビューバス」へ<通風>
  • 7.出窓とベンチのある贅沢気分のパウダールーム<採光>
  • Point 次世代省エネ基準相当の断熱
  • 躯体の外周面と構造熱橋部で断熱施工を実施。開口部は複層ガラスへの交換やインナーサッシの取り付けで断熱性を向上。次世代省エネ基準相当の断熱性能を実現した。

こちらでご紹介した事例を実際に体感いただけます

築29年のマンションを再生!スマートリノベーションを体感できる「北参道モデルルーム」ぜひご来場ください


コラム Column 住まいの性能を見直し、高めていくことは“健康な暮らし”の実現につながります。

住まいの「環境」と住まう人の「健康」は、とても密接な関係にあります。国土交通省支援のもと開発された「CASBEE健康チェックリスト」では、居住環境の「暖かさ・涼しさ」「静かさ」「明るさ」「清潔さ」「安全」「安心」の6つを健康にかかわる基本要素として捉えています。

  • 「CASEBEE 健康チェックリスト」による健康要素

    下の6つの要素を基本に質問が設けられており、ご自宅はどの健康要素が足りないかなどを見つけることができます。

    「CASEBEE 健康チェックリスト」による健康要素グラフ
  • 「CASBEE 健康チェックリスト」の総合スコアと有病率の関係(6,000軒のアンケート、日本サステナブル建築協会調査)

    実際に、健康チェックリストの総合スコアが高い住宅に住む人ほど、有病率が少ないことがわかります。

    有病率との関係 棒グラフと折れ線グラフ 持病のない健康な人の割合

「CASBEE 健康チェックリスト」とは?日本サステナブル建築協会が開発した住まいの健康性評価ツールです。ウェブサイトで利用できます。 全50項目の質問に回答することで、部屋ごとや6つの健康要素ごとに健康性を採点でき、全国6,000軒のアンケートデータに基づいて現在のご自宅の健康度が表示される仕組みになっています。
【ウェブサイト】一般社団法人 日本サステナブル建築協会 www.jsbc.or.jp/CASBEE/health_check


断熱性の向上は、「省エネ」だけでなく 「健康」にもよいという話。
家の断熱性が高くなるほど、健康改善への貢献度がアップ。

監修・調査/近畿大学 建築学部 教授・博士(工学)岩前 篤 氏

  • 断熱性の高い家に住み替えた人が、転居前と転居後で健康の状態が変化したかを調査したところ、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの諸症状が出なくなったという割合が多いことがわかりました。 そこで、飲酒・運動・喫煙・断熱の4つの要因で、どれが健康改善への貢献度が高いか、実際の生活の変化と照らしてさらに詳しく調査してみると、どの症状においても断熱が最も貢献度が高いという結果に。住まいの断熱性能を高めることは、省エネだけでなく、健康な暮らしにも深く関係することがわかります。
  • 健康改善への貢献度(症状別)

お役立ちコラム 部位別デザインリフォームコラム

  • 省エネ・エコリフォームで期待できることとは?エコリフォームのポイントコラムを読む