三井不動産リフォーム株式会社

フリーダイヤル:0120-24-3131 営業時間 10:00〜18:00(水・日曜・祝日定休)

ここまでできる!基本性能アップ編

あなたの住まいに、思い当たることありませんか

  • 窓を開けても風が抜けない部屋に臭いがこもる
  • 夏は昼間の熱気が夜まで残り暑くて寝苦しい
  • 冬は北側の部屋の結露がひどい窓が結露でびしょ濡れ
  • 中途半端な広さの洋室、和室が多く使いにくい
  • 和室や浴室の微妙な段差が躓きそうで危ない
  • 浴室や洗面所の通風が悪くジメジメやカビが気になる
  • キッチンが暗くて閉鎖的匂いもこもりやすく夏暑い
  • LDが狭く家具レイアウト特にソファーとTVの配置が難しい

原因は、部屋数重視の画一的な間取りや通風・採光・動線・断熱性能にあります。

マンションは戸建と違って、「間取りや基本性能の抜本的改善」は出来ないとあきらめていませんか?

マンションでも基本性能を抜本的に改善し、住まいへのご不満を根本から解消、さらには新築を超えるリフォームでお客様の夢をかなえることが出来ます。

新築vsリフォーム イメージ比較
ポイント 新築 リフォーム
基本性能 最新の性能 新築には及ばない
間取り動線 万人受けするプラン 制約がある
デザインインテリア 最新のトレンド 新築には及ばない
リフォームはここまでできる!
スマートリフォームで、
断熱、通風、採光を抜本的に改善
家族構成、ライフスタイルに合わせた
「世界に一つだけのプラン」を実現
諦めていた水まわりの位置も移動可能
自分の好み、こだわりを追求
思い出の部材の再利用も可能

時代が求める省エネ基準を、リフォームでかなえます。

1980年 旧省エネ基準 1992年新省エネ基準 1999年次世代省エネ基準 2013年
壁断熱材 15ミリ 25ミリ 35ミリ
窓仕様 金属製サッシ+単板ガラス 金属製サッシ+単板ガラス 金属製サッシ+複層ガラス
築33年 築23年 築13年
リフォームで、現在の基準まで性能アップが可能です。

エネルギーを無駄にすることなく、夏は涼しく、冬暖かく。住まいの省エネに欠かせない、断熱性能に対する基準は、時代とともにより高次元へ。
リフォームなら、現在の基準に合わせて断熱材の厚みや窓の仕様を選定し、性能アップすることが可能です。


設計の工夫で基本性能を抜本的に改善し、夏も冬も快適な室内環境へ。

築21年のお住まいをリフォームしたSさまの事例を通してご紹介いたします。

Before

Sさま邸 ご要望 子どもの独立を機に、築21年の住まいを全面改装して断熱・換気・動線を見直して、快適に暮らしたい!

  • 居室の湿気とサッシの結露がひどく湿っぽい
  • 洗面室や浴室の排水口の臭気がこもる
  • キッチンの換気が悪く、熱気がこもって夏が暑い
  • 家事動線に無駄がある廊下が暗く細長い
写真:洗面室 写真:浴室 写真:キッチン 写真:玄関
基本性能アップのポイント!

間仕切りを解体し、スケルトンリフォーム。
外壁に面した室内の壁・床・天井に断熱材を吹き付けて開口部にはインナーサッシをプラス。断熱性と気密性の大幅な向上により、湿気と結露の大幅な解消を図りました。

写真:スケルトン状態 写真:外壁面断熱 間取図:赤ライン=外壁面の断熱、黄ライン=床、天井の断熱、青ライン=インナーサッシ
After
  • 浴室を玄関側に動かし、洗面室とキッチンをつなげ、回遊動線にしたことで通風・採光が劇的に改善!
  • リビングと水回りの2方向にオープンな玄関。洗面室からトイレにかけての壁面には、調湿の高いエコカラットを採用
  • キッチンは向きを90度変えて開放的な対面キッチンに。ユーティリティーともつなげて家事の効率化を実現

Sさま邸 リフォーム後の住み心地 玄関ホールと広くなったLDKが素敵とお友達から言われて嬉しいです。家事動線が楽になって匂いも結露もなくなり、快適な住まいになりました。

写真:浴室 写真:キッチン 写真:LDK 写真:廊下 写真:玄関ホール
さらにエネルギー効率を向上するために
  • 節水型便器 従来品13L 節水型3.8〜6L
  • 高断熱浴槽
  • LED照明
  • 高効率給湯器

エネルギーを効率よく使い、つくり、貯める設備を組み合わせることで、ムリなく心地よく省エネできる住環境を創造することが可能です。


家族みんなが将来にわたって、安心・安全に住み続けられるように。

床段差の解消はもとより、手すりやベンチの設置、滑りにくい浴室、室内温度差の解消など、バリアフリー化をご提案いたします。また、調湿作用のある自然素材を用いた壁や床の仕上げ材、家具転倒防止金具の取り付けを可能にする壁の下地処理などもお奨めしています。

写真:フラットでつながるリビング・和室・寝室

建具は引き戸を多用し、畳コーナーを含めすべて室内の段差を解消してフラットにすることで、動きやすい間取りになりました。通風・採光を取り込んだ室内環境にも配慮したバリアフリーな住まいを実現。

写真:玄関の手摺とベンチ 写真:洗面室のベンチ

【左】玄関の上がり框に手摺を設置すれば昇り降りが楽になります。手摺とあわせてベンチを設置すれば、
靴の脱ぎ履きも楽になり利便性も向上。
【右】立ちくらみや着替え中の転倒など、風呂上がりの事故を低減するために設けた洗面室。

お役立ちコラム 部位別デザインリフォームコラム

省エネ・エコリフォームで期待できることとは?
エコリフォームのポイント